情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【今日の編集後記】焦燥を覚えたスマートとトゥインゴ

2016年10月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートFor Fourとトゥインゴは同じプラットフォームを使ったいわば兄弟モデルなのだが、本当に兄弟なのだろうか?

クルマのベースとなるプラットフォームは共通で、搭載するエンジンも共通。0.9L+6速DCTというものでRRレイアウトも共通。でも外観はまったくの別物で、乗った感じも似て非なる印象。価格も50万円くらいの差がある。トゥインゴは189万円と199万円。これはノーマルルーフとキャンバストップの違いで、屋根が開くほうが高い。スマートは256万円でルーフは開かない。もっともFor Twoがオープンになるので、不要なのかもしれないが。だから67万円の差があることになる。

DSCN3063

スマートFor Four

DSCN2680

ルノートゥインゴ

兄弟車なだけに、比べたくなる気持ちも分かるが、育ての親が違うので、別物なのではないかとタカハシは思うのですよ。生みの親(基本骨格)が同じでも育て方次第で、全く別の人生になりますわな。もちろん育つ環境も影響するわけで。

ルノーは量産大衆車メーカーでフランスのDNA。スマートはメルセデスブランドでドイツ人なわけです。もちろん高級車ブランドのAセグメント。

DSCN3061DSCN2690

外観も違いますよね。とくにトゥインゴはリヤフェンダーの膨らみを強調して、ヒップセクシーなラテンでしょうか。そのため前後で異径サイズのタイヤを装着しています。スマートも同様なのですが、そこは強調されてません。それを控えめというのか?わかりませんけどね。

乗り味もトゥインゴはまだまだな部分があるんですが、それがかえっていい感じにも受け取れる空気を出しています。この説明は意味不明でしょうけど。スマートはやっぱり、それなりなんですよ。高級車ブランドのコンパクトカーでしっかりと走ります。

DSCN3034

スマートFor Four

DSCN2655

ルノートゥインゴ

インテリアデザインでは大きく差が出ました。シンプルでシックな印象のスマートとおしゃれだなって思わせるトゥインゴ。これはセンスの差なのか、フランスとドイツの差なのか、軍配はフランス。

オプションなんですけどインダッシュのナビを付けたスマートにはがっかり。インテリアのセンスを日本人が壊していますね。ドイツセンスも特に悪いわけではないですが、このインテリアに関してはトゥインゴが素晴らしく遊び心も感じます。スマートはドイツ気質なのか、さっぱりしてますよね。でもデザイン性が残っていて努力を感じます。そこに、日本人ユーザーの気持ちを代弁して、四角いナビがドーンと。クルマの楽しさよりも実用性を重視しているユーザーが多い証拠なのでしょう。

そう考えると、もし、このプラットフォームを日本のメーカーでも共有したら、この2モデルよりも魅力的なモデルが造れるのだろうか?と。

きっとコストが極めて安く、燃費がよい。だけどインテリアは流用部品だらけで、外板も目立つことのない2BOXデザインになってしまうのではないか?という恐怖を覚えたのでした。企業と一緒にわれわれユーザーも成長しないとと思うのです。編集後記です。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる