情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 「第43回 国際福祉機器展 H.C.R.2016」に福祉車両や運転補助装置等を出展

2016年10月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4161006_001H600ホンダは、2016年10月12日~14日まで東京ビッグサイトで開催される「第43回 国際福祉機器展 H.C.R.2016」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、「Fun for Everyone. Honda~移動の喜びを一人ひとりに~」をテーマとして、9月に発売した新型「フリード」、「フリード+」の福祉車両全3タイプを展示する。他にも運転補助装置「ホンダ・フランツシステム」を搭載した「フィット ハイブリッド」や、「ホンダ歩行アシスト」の体験展示など、豊富なラインアップの福祉車両・福祉機器を出展する。 新型フリードは、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えることを目的に開発されたコンパクトミニバンだが、このイベントでは、そのフリードをベースに作られたサイドリフトアップシート車と助手席リフトアップシート車のほか、フリード+の車いす仕様車を加えた3タイプが展示される。

4161006_002H600

フリード サイドリフトアップシート車

車いす仕様車は、コンパクトながらも広大な室内空間を持つフリード+の強みを活かし、車いす利用者を含め最大6名乗車を可能としているのが特徴。また、ホンダの車いす仕様車としては初となるハイブリッド車がラインアップされている点も注目だ。

4161006_004H600

ホンダ・フランツシステム

また、日本国内の自動車メーカーではホンダのみが販売する、両上肢での運転操作が困難な方が足だけで運転操作可能な足動運転補助装置「ホンダ・フランツシステム」や、身体の状態に合わせて選択できる運転補助装置「ホンダ・テックマチックシステム」など、障がいを持つ人が運転するためのさまざまな補助装置を装着した車両も展示される。

4161006_003H600

ホンダ歩行アシスト

このほかにも、加齢などにより脚力が低下した人の歩行をサポートする「ホンダ歩行アシスト」の使用体験コーナーが設けられたり、障がいを持つ人の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用されている簡易型四輪ドライビングシミュレーター「ホンダ セーフティナビ」を出展するなど、単なる福祉車両の展示にとどまらない内容とされている。

■第43回 国際福祉機器展 H.C.R.2016開催概要
開催日時: 2016年10月12日(水)~14日(金) 10:00~17:00
入場無料・登録制 開催場所: 東京ビッグサイト 東展示棟(Hondaブースは東6ホール)
主催: 全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
この件に関する問い合わせは「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」まで。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる