情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

シェフラー IBM社と戦略的パートナーシップを締結し、サービス、生産のIoT化を加速

2016年10月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0009E743

左からゲアハルト・バウム( シェフラー・デジタル化事業責任者)、イヴォ・ケルナー(IBMドイツ営業担当取締役)、ペーター・グッツマー博士 (シェフラー最高技術開発責任者)、ユルゲン・ヘン(IBMグローバルビジネスサービス責任者) 、ハラルド・ギーザー(シェフラー情報分野責任者)

2016年10月4日、世界的な自動車部品サプライヤーのシェフラー社は、IBM社を戦略的パートナーとして迎え、膨大な量のデータ処理や、業務を変革するためのデジタルプラットフォームを構築するとともに、2016年10月からは「シェフラー・クラウド」が利用可能になると発表した。

シェフラーは未来のモビリティ社会に適合する戦略の一環として、社内組織全体のデジタル化を進めている。そしてIBMをデジタルシステムの技術プロバイダーやコンサルタント、開発パートナーと位置付けているのだ。

急速に拡大を続ける「IoT」の世界で、シェフラーはメカトロニック部品やシステムを組み込むことで、市場に対応するデジタルサービスとして新たなビジネスモデルを導入する。これを急速に加速させるため、IBMのサポートを受けるわけだ。その最初の成果として、シェフラーの付加価値デジタルサービス用のデジタルプラットフォーム「シェフラー・クラウド」を2016年10月に立ち上げるというのだ。

0009E6C2

開発、製造、サービスなど多くの分野でシェフラーとIBMは戦略的な提携を結ぶ

IBMは、170の国々で6000を超える顧客と連携し、世界を網羅する形で接続した数10億におよぶ装置やセンサー、システムから直ちに実用可能な知見を引きだすことができる。

IBMが30億ドルを投じて開発したWatsonと呼ばれる認知コンピュータをIoT分野に導入し、さらにIBMは2015年12月Watson IoT部門のためのグローバル本部をドイツのミュンヘンに新設している。ここでは合計1000人のIBM開発者やコンサルタント、研究者、システムエンジニアが、顧客やパートナーとの密な連携を進めているという。

シェフラーAGのCEO代理兼CTO(最高技術責任者)ペーター・グッツマー博士は、「当社は常に、顧客に大きな付加価値を提供するよう努めています。我々の目的は、様々な製品やプロセスから集まるデータを接続することです。分析を通してこの一次データを価値のある知見へと転換し、当社の業務効率向上や顧客のための革新的サービスの開発に役立てていきます。この度、IBMという理想のパートナーを得られたことを、大変喜ばしく思います」と語っている。

シェフラー アーカイブ
シェフラー 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる