Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

レヴォーグにBOXERエンジン50周年特別記念車「1.6GT EyeSight Smart Edition」発表【スバル】

2016年10月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は、スバル初のBOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売から50周年を記念した特別仕様車の第四弾として、レヴォーグに「1.6GT EyeSight Smart Edition」を設定し、2016年10月3日に発表、同12月12日より発売する。

「1.6GT EyeSight Smart Edition」は、基本モデルの「1.6GT EyeSight」をベースにした特別仕様車だ。特別装備の内訳としては、まずアドバンスドセイフティパッケージが標準装備されている点が目を惹く。

これは後側方から接近する車両を検知するスバルリヤビューディテクション、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替えるハイビームアシスト、助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像をマルチファンクションディスプレイに表示するサイドビューモニター、アイサイトと連動した表示をLEDによってフロントガラスに投影するアイサイトアシストモニターという、いずれも安全に対する貢献度の大きな装備類をパッケージにしたもの。

lv16x06s
エクステリアには、ブラック塗装と切削光輝を組み合わせた専用17インチアルミホイールや、ブラックカラードドアミラーが装着されるほか、上級グレードである「1.6GT-S EyeSight」と同デザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)や、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルも採用する。

フロントワイパーデアイサーとリヤフォグランプをセットにしたクリアビューパックの標準装備化も、上位機種に準じる装備品だ。

lv16x02s
インテリアには運転席8ウェイパワーシートと、アルミパッド付スポーツペダルが標準装備となる。

先進安全装備を標準装備し、よりスポーティな内外装としながらも、求めやすい価格を実現した特別仕様車となっていて、販売計画は月販300台を予定している。

lv16x04s

編:記念車や特別仕様車と呼ばれるモデルはお買い得なモデルに設定されるため、購入を考えている人にはねらい目のモデル。スバルはこのレヴォーグのほかに、クロスオーバー7、フォレスターにも設定しているので要チェック!

商品等についての問い合わせは、最寄りの販売会社、またはSUBARU お客様センター「SUBARU コール」 0120-052215へ。

levorg_plice

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる