Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ パナメーラ 4 E-ハイブリッドと911 GT3 Cupをパリモーターショーでワールドプレミア

2016年10月4日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェは2016年9月29日、パリモーターショーで新型パナメーラのプラグイン ハイブリッドモデル「パナメーラ 4 E-ハイブリッド」と、世界中で最も市販台数の多いレーシングカーである「911 GT3 Cup」のワールドプレミアを行なった。

パナメーラ 4 E-ハイブリッドは、進化したセルによって容量が大きくなったリチウムイオンバッテリーを搭載しているのが特徴で、電気モーターのみでの走行可能距離は50km(新欧州ドライビングサイクル:NEDC)。これは先代モデルと比較しても大幅な増加でとなっている。

またNEDCによる燃料消費量は2.5L/100km、プラグイン ハイブリッドモデルの効率性の目安となる電力使用量も15.9kWh/100kmという高効率ぶりを見せ、CO2排出量も56g/kmに収めている。

パナメーラ 4 E-ハイブリッド

パナメーラ 4 E-ハイブリッド

パナメーラ 4 E-ハイブリッドはエコとクリーンの性能に話題が集中しがちだが、ラグジュアリーサルーンにおける真のスポーツカーという立ち位置も見逃せない部分だ。最高速度が278km/hに到達することもその一面だが、システム全体で700Nmにも達する最大トルクはのおかげで、この4WDの4ドアハイブリッドスポーツカーが0-100km/h加速に要する時間は、僅か4.6秒でしかない。

918スパイダーのそれをベースにしたといわれるハイブリッドストラテジーは、これまでのラグジュアリーサルーンには無いものとなっている。136ps(100kW)/400Nm を誇る電気モーターは、918スパイダーと同様に、ドライバーがアクセルペダルを踏んだ瞬間からパワーを生み出すよう制御されている。

さらにこの電気モーターは330ps/450Nmを発生する2.9L V6ツインターボエンジンの補助も行なうため、両者がフルに性能を発揮した際のシステム最高出力は462psに達し、まさに印象的ともいえる強力な加速を見せてくれるわけだ。

■911GT3のCUPカーも初お披露目

911 GT3 Cup

911 GT3 Cup

同じくパリにて初披露された新型911 GT3 Cupは、世界中でポルシェが主催するワンメイクシリーズ用競技車両として、ポルシェ モータースポーツにより開発された次世代のGTレーシングカーだ。

車重僅か1,200kgのシングルシーターは吸気側および排気側の可変カムシャフトコントロールを備えた4.0L水平対向エンジンを搭載。最高出力は485psに達する。フロントとリヤに加えられた新たなエアロダイナミクスはトラクションの増加とラップタイムの短縮に寄与する。

911 GT3 Cupの生産がスタートしたのは1998年。このシュトゥットガルト生まれのポルシェ ワンメイク用レーシングカーは、これまでにタイプ996、997、991の合計で3,032台が生産されている。

■問い合わせ先
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.co.jp

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる