情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

LEXUS UX Conceptを世界初公開 動画あり コンパクトクロスオーバーのコンセプトカー

2016年10月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LEXUSは、2016年パリモーターショーで、LEXUSコンパクトクロスオーバーの将来像を示すコンセプトカー「UX Concept」を世界初公開した。

UX Conceptは、大胆なエクステリア、人間工学に基づいたインテリア、そしてヒューマンマシンインターフェイス(HMI)等の先端技術が相まって、乗る人たちに奥深いドライビング体験を提供する。

20160929_01_01_s

UX Conceptは、クロスオーバーの先駆者であるLEXUSが提案する新たなコンセプトモデルだ。また、高いデザイン性と共に、コンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したモデル。

クロスオーバーとしての力強いエクステリアに、低めの車高とクーペのようなドライビングポジションが、コンパクトなボディでありながらダイナミックな走りを予感させる革新的なパッケージとなっている。上部から俯瞰するとエクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状で繋がり、強い相乗効果を生み出すインサイド・アウトコンセプトを採用。また、ホイールアーチ、ルーフバー、電子ミラーを同じ素材感で仕上げ、キャビン内側との一体感や連続性を演出している。

20160929_01_02_s

フロントグリルを取り囲むボリューム感あるスピンドルグリルが、LEXUSのアイデンティティを強調し、かつ三次元的な立体効果を出している。彫り深く、繊細な面の造形がクラシックスポーツカーを彷彿とさせると共に、全体を貫く力強さがLEXUSらしいユニークさを与えている。

さらに、LEXUSを象徴するL字型ランプに加えて、エアダクトに広がるファイバー形状のランプがスピンドルグリルと相まって、クルマのワイド感と力強い存在感を印象付ける。またリヤランプは、スポイラーと一体となり立体的な構造を強調。タイヤの接地面は、高いグリップ力を確保するデザインとし、サイドウォールは、クロスオーバーに相応しいデザイン性を強調。ホイールは、タイヤとスポークの一体感を演出したデザイン構造になっている。

20160929_01_11_s

インテリアは、シャープなイメージのフロントとソフトなリヤのデザインにより、前後席それぞれが異なる趣となっている。

フロントは、人間工学に基づいたドライバー主体のデザイン構造で、ホログラム等のヒューマンマシンインターフェイス技術を採用し、三次元による先進的なドライビング体験を提供。一方リヤは、寛ぎの快適空間を演出している。

また、キャビン中心を縦に貫くコンソールや室内配色で、前後席空間の違いを際立たせている。フロントピラーは、アルミ部材に、フィン形状のポリカーボネイト材が接合されたシースルー構造になっており、内外の境界を感じさせない、広がり感を演出しているのもポイントだ。

編:具体的なボディサイズは不明だが、B、Cセグメントのクロスオーバーはグローバルで人気があり、とくにプレミアムモデルではラインアップ必須のアイテム。

 

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる