情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 新型車C-HRの日本仕様初公開 Webで先行商談受付を開始!

2016年9月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
S(メタルストリームメタリック)

S(メタルストリームメタリック)

TOYOTAは、新型車C-HRの日本仕様の概要を2016年9月28日に初公開した。また、11月上旬からWebで先行商談受付を開始し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2016年年末に発売する。

C-HRは、2014年パリモーターショーでのコンセプトカー初出展以来、2015年開催の第66回フランクフルト国際モーターショーなど、欧州を中心に披露。日本では、第44回東京モーターショー2015での出展から約1年を経て、市販モデルの日本仕様は初公開となる。伸長するコンパクトSUV市場に投入することで、より幅広いユーザー層へ需要喚起を図る起爆剤として期待されている。

デザインのコンセプトは、「センシュアル スピード-クロス」。スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現したほか、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求している。

走りのコンセプトは、「我が意の走り」。TNGAの取り組みのさらなる進化により、低重心パッケージや高いボディ剛性を実現し、優れた操縦安定性・快適な乗り心地を達成した。さらに、欧州をはじめとする世界の様々な道や国内外のサーキットコースで走行テストを重ねるなど、走りを徹底的に鍛え上げている。

グレードは、ユーザーが選びやすいシンプルな体系にする計画。装備を充実した「G」・「G-T」、標準グレード「S」・「S-T」を設定する予定だ。安全装備についても、衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense Pをはじめとした充実の先進装備のほか、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、クリアランスソナー&バックソナーなど先進安全装備により、安全運転を支援する。

なお、発売に先駆けて、11月26日(土)に富士スピードウェイで先行試乗会を予定している(詳細は、こちらに9月28日(水)に掲載予定)。

【新型車C-HRの主なポイント】
1.エクステリア

S(メタルストリームメタリック)

S(メタルストリームメタリック)

「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと、大きく張り出したホイールフレアの対比による立体構成を採用。特徴的で構えの良い造形を創出するとともに、抑揚の効いたメリハリのあるボディと艶やかな面質で、大人の感性に響くスタイリングを追求した。フェイスまわりも、キーンルックや、その構成要素でもあるアンダープライオリティなど、TOYOTA独自のデザイン表現を進化させた。翼形状に回り込んだヘッドランプと合わせ、ワイド感・踏ん張り感のある鋭く力強いフロントマスクを創出している。また、バックドアと一体感のあるキャビンを大胆に絞り込み、リヤフレアとリヤコンビネーションランプを張り出させることで特徴的かつ安定感あるスタンスを表現。

2.インテリア

インテリア(内装色:リコリスブラウン)<「G」、「G-T」に標準設定>

インテリア(内装色:リコリスブラウン)<「G」、「G-T」に標準設定>

デザインコンセプトは「センシュアル-テック」。新しい操作空間を大人っぽい意匠に仕上げ、先進感を演出した。インストルメントパネルからドアトリムまで繋がるソフトパッドや金属調オーナメントなどにより、広がりのある空間を表現。また、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置。あらゆる運転操作をスムーズに行なえるよう、直感的に操作しやすいレイアウトとし、運転に集中できる空間を表現している。2眼筒型タイプのメーターは、盤面にブルーラインを放射状に施すことで奥行きと先進感を表現し、同時に多彩な情報を高解像度で表示するマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチTFTカラー)を採用。またシートも、ホールド性に優れたスポーティシートを設定。座面のパッド厚・硬度を最適化することで座骨への圧力を分散するなど、ロングドライブの疲れにくさにも配慮している。

3.走り

足元イルミネーション(車名表示)<「G」、「G-T」に標準装備>

足元イルミネーション(車名表示)<「G」、「G-T」に標準装備>

コンセプトである「我が意の走り」を実現するため、「レスポンス-リニアリティ-コンシステンシー」に焦点を当てて開発。TNGAの思想に基づいた低重心パッケージと高いボディ剛性により、優れた乗り心地と操縦安定性を実現した。ボディ接合部への構造用接着剤の使用や環状骨格構造の採用により高ボディ剛性を確保し、優れた乗り心地と操縦安定性を達成し、フロントに新開発のマクファーソンストラット、リヤにダブルウィッシュボーンのサスペンション、大径スタビライザーの使用やアブソーバー減衰力特性の最適化を組み合わせることで、優れた乗り心地や操縦安定性を獲得した。また、SACHSアブソーバーを標準装備する点もトピック。アッパーサポートの緩衝材には、ウレタン材をトヨタで初採用したのもポイントに挙げられる。

4.その他

LEDシーケンシャルターンランプ<「G」、「G-T」にオプション設定>

LEDシーケンシャルターンランプ<「G」、「G-T」にオプション設定>

右左折の際、12灯のLEDランプが内側から外側へ流れるように光るシーケンシャルターンランプをブランド初採用した。車名ロゴが浮かび上がる足元イルミネーションをトヨタ初採用するなど、夜間の乗降時に遊び心を演出している点も見逃せない。外板色は、新規開発色ラディアントグリーンメタリック・メタルストリームメタリックを含む全8色としたほか、内装色は、ブラックとリコリスブラウンの全2色を設定している。

編:トヨタの次世代プラットフォームTNGAの第2弾C-HRは、走りに拘ったSUVのようだ。ザックスのダンパーを採用し、ボディ、サスペンションなどを徹底的に見直している。資料を読む限り、欧州量販モデルと正面から勝負できるモデルのようだ。いよいよ、「もっといいクルマをつくろう」というスローガンのもと、アウトプットが始まるのかもしれない。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる