Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ニッサン セレナが発売後1カ月で、月販目標の2.5倍となる約2万台を受注

2016年9月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日産自動車株式会社、2016年8月24日に発売した新型「セレナ」の受注が、発売後約1カ月を経過した9月26日時点で、月間販売目標の2.5倍となる約2万台に達したと発表した。

serena_sales_grade

グレード別の受注割合は2WDのハイウェイスターがもっとも多く、ハイウェイスターGとハイウェイスター・プロパイロットエディションも人気を集めている。4WDにおいてもハイウェイスター・シリーズの人気は高く、セレナ=ハイウェイスターというイメージは旧型に引き続き根強いようだ。

serena_sales_color人気となっているボディカラーは、ブリリアントホワイトパール。3割以上のユーザーがこの色を選んでいる。2位以下はダイヤモンドブラックとマルーンレッド/ダイヤモンドブラックと続き、ブリリアントシルバーやアズライトブルー以下他色はひと桁パーセントという受注状況となっている。

また購入者の年齢層は、30歳代が28%強で40歳代が34%強で、合わせると60%以上をいわゆるファミリーユース層が占めている。使い勝手の良さなどが評価されての、この調査結果ということがいえるだろう。

編:まずは滑り出し好調といったところ。カスタマーターゲットも狙い通りで、この先が注目される。トヨタ、ボクシー/ノア、エスクァイアに奪われたミニバンNO1の座を取り返すのか?

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる