情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

LEXUS、GSに2.0L直噴ターボエンジン搭載モデルを追加設定

2016年9月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GS F(ヒートブルーコントラストレイヤリング)<オプション装着車>

GS F(ヒートブルーコントラストレイヤリング)<オプション装着車>


LEXUSは、GSに2.0L直噴ターボエンジン搭載のGS200tを追加設定すると共に、LEXUS“F”モデルの4ドアスポーツセダンGS Fを一部改良し、9月21日に発売した。

2014年のNX200t投入以降、LEXUSは、高い走行性能と優れた環境性能を両立できるパワートレーンとして、2.0L直噴ターボエンジン搭載車を拡充してきた。2015年には、RX200tに加え、IS200tとRC200tも投入している。

今回、本格グランドツーリングセダンGSにも設定することで、LEXUSのダウンサイジング・ターボエンジン搭載車のさらなる充実を図ると共に、GSの走りの強化を狙う。

また、一部改良として、GS200tとGS350の“F SPORT”にトルセンLSDをオプション設定し、スポーツ走行性能を向上させたほか、外板色にはダークグレーマイカを新たに加えた全11色を設定。

一方、GS Fには、“F”モデル用に開発したNAVI・AI-AVSを標準設定すると共に、スポーツカーを操る楽しさを更に充実させるため、ドライブモードセレクトにCUSTOMIZEモードを新たに設定。また、ワイドFM対応や、新設定のダークグレーマイカを加え、外板色は全8色を設定している。

編:プレミアムセダンは各社ダウンサイジング化が進み、2.0Lターボをメインエンジンとし、大排気量モデルを上級モデルに据えるラインアップにしている。レクサスもグローバルで戦うモデルなので、ダウンサイジング・エンジン搭載は必須だ。

GS F(ダークグレーマイカ)

GS F(ダークグレーマイカ)

【GS、GS Fの主な改良内容】
≪GS≫
●GS200tは、幅広い回転域で最大トルクを生み出す2.0L直噴ターボエンジンと、Mポジション選択時に最短0.2秒で変速する8-Speed SPDSとの組み合わせにより、力強くかつ快適なスポーツ走行を実現
●トルセンLSDを、GS200tとGS350の“F SPORT”2WD車にオプション設定。駆動輪であるリヤタイヤのトラクション性能を確保し、コーナーの立ち上がりなどで、よりダイナミックな加速を発揮。減速時にもスムーズで安定感のある挙動を確保すると共に、悪路や雪道での安定した走行性能を向上
●外板色は、新設定のダークグレーマイカを含む全11色を設定
●AMラジオが聴きとりにくい地域でも、FM放送でAMラジオの番組が聴けるワイドFMに対応

≪GS F≫
●“F”モデル用に開発したNAVI・AI-AVSを標準設定。ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御し、ロール姿勢の最適化・ステアリングレスポンスの向上を図ることで優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立。また、ナビゲーションのコーナー情報から予め制御を行なうことで優れた旋回性能も確保
●多彩な乗り味を楽しめるドライブモードセレクトにCUSTOMIZEモードを新たに設定。モード選択時には、パワートレーン、シャシー、エアコンの各制御の組み合わせをドライバーの好みで選択可能
●外板色は、新設定のダークグレーマイカを含む全8色を設定
●AMラジオが聴きとりにくい地域でも、FM放送でAMラジオの番組が聴けるワイドFMに対応

GS車両情報はこちら

GS F車両情報はこちら

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる