情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

精悍さを増した新型The Beetleが登場

2016年9月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社は、Volkswagenの原点でブランドのアイコンモデルである「The Beetle (ザ・ビートル)」を4年ぶりに刷新、2016年9月21日より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで 発売した。

今回の新型The Beetleのグレード構成は「The Beetle Base」と「The Beetle Design」、「The Beetle 2.0 R-Line」(旧グレード名:Turbo)の3モデルとなっている。ボディカラーは新色“ストーンウォッシュドブルーメタリック”と“ボトルグリーンメタリック”に加え、限定車で好評だった“サンドストー ムイエローメタリック(The Beetle Dune:ザ・ビートル・デューン)”と“ハバネロオレンジメタリック”(The Beetle Club:ザ・ビートル・クラブ/有償オプション)を含む全8色を用意している。

00010653_s

この新型The Beetle、パワートレインは前モデルを継承しつつ、デザインと安全性、コネクティビティの進化を遂げている。デザイン面では、フロントとリアのバンパーデザインを刷新したことで、これまでのすっきりとした外観と比べると、スポーティさと精悍さが増している。インテリアにもあらたなデザインを採用することで、クールな室内空間を実現している。とくに「The Beetle Design」では、ダッシュパッド、ドアトリム、ステアリングトリムをエクステリアカラーと同色とし、さらに、ブラックもしくはベージュの専用格子調ファブリックシートやオプション装備のレザーシートと組み合わせることで、最大32通りのカラーコンビネーションが実現可能。オーナーこだわりのイメージを実現できるようになった。

The Beetle 2.0 R-Lime

The Beetle 2.0 R-Lime

「デザイン」では最大32通りのカラーコンビを実現可能

「デザイン」では最大32通りのカラーコンビを実現可能

2.0Rラインは3連メーターやスポーツシートが標準装備となる

2.0Rラインは3連メーターやスポーツシートが標準装備となる

安全面では、あらたにドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”を全車に標準装備。また “ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)”や“リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)”を、上級グレードの「The Beetle 2.0 R-Line」に 標準装備、「The Beetle Base / Design」にはオプションとして装備できるようにしている。コネクティビティでは“App-Connect”を搭載した純正インフォテイメントシステム“Composition Media” を全車標準装備とし、スマートフォンと接続するだけで、“MirrorLink”、アップルのCarPlay、グーグルのAndorid Autoという、3つの異なる通信プロトコルが利用できるようになっている。

20160921_thebeetle_spec

【ボディカラー:全8色】
・ボトルグリーンメタリック(NEW)
・ピュアホワイト 
・トルネードレッド
・ブルーシルクメタリック
・ストーンウォッシュドブルーメタリック(NEW)
・サンドストームイエローメタリック
・ディープブラックパールエフェクト
・ハバネロオレンジメタリック(有償カラーオプション)

問い合わせ
フォルクスワーゲン カスタマーセンター TEL0120-993-199

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる