Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ マイバッハに「S600プルマン」を追加。プライスは8800万円!

2016年9月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本は2016年9月15日、メルセデス・マイバッハのラインアップに「S600プルマン」を追加して受注を開始した。

名称未設定 1
S600 ブルマンは全長をストレッチしてゆったりとした後席の室内空間を確保したモデル。そこに快適性を高める数多くのアイテムを装備することで、ユーザーが求める究極のラグジュアリーを実現。進行方向に配置した2つのエグゼクティブシートのレッグルームはセグメント最大の広さを誇る。車両価格は8800万円(税込)で、左ハンドルのみの設定だ。

S600プルマンの全長は6500mmで、メルセデス・マイバッハのSクラスに比べてもさらに1000mm以上拡大。ホイールベースは4418mmとなっている。また全高は1598mmとSクラスより100mm以上も高くデザインされ、さらにルーフラインの形状変更によってヘッドルームを拡大している。

S600Pullman_2

S600プルマンの室内は、全面本革張りを標準仕様とした。ルーフライナーだけでなく、ドアフレームやシートコンソールにまで高級本革を使用している。後席と前席の間にはガラス製パーテーションを設け、パーソナルな空間をしっかりと確保。電動操作で上下の位置を調整することができるほか、透明と不透明の2のモードを切り替えることができる。さらに標準装備の電動カーテン(サイド&リヤ)を組み合わせることで、さまざまなレベルでプライバシーを守ることが可能になっている。

パーテーションには16:9フォーマットの18.5インチモニターが装着されている。車内の音響にはドイツの高級専門メーカーであるブルメスター社と共同開発したシステムを採用。16個のハイパフォーマンススピーカーによる合計850Wの大出力を誇るオーディオシステムを標準装備。さらに24個のスピーカーと合計1520Wの出力を誇る5.1チャンネルのハイエンド3Dサラウンドサウンドシステムを設定している。

リヤシートは左右ともに、デスクワークに適した垂直に近いポジションから、スイッチ操作ひとつでバックレストが43.5度までリクライニングが可能なエグゼクティブシートを採用。また後席の4つのシートは向かい合わせ配置となっていて、エグゼクティブシートと向き合う後ろ向きのシートは可倒式で、不要な時は収納して裏面部分のディスプレイを使用することができる。また後席のルーフライナーには外気温度計、スピードメーター、時計の3連アナログメーターを配置している。

S600プルマンには最大出力530ps(390kW)、最大トルク830Nm(84.6kgm)を発生する6.0LのV型12気筒ツインターボエンジンが搭載されており、7速オートマチックトランスミッションの7G-TRONICを組み合わせている。

S600プルマンは完全受注生産のため、受注から納車までは最短でも約12ヵ月を要するとのこと。また日本市場向けモデルの年間生産台数は僅少となるとのことだ。マイバッハ・シリーズのラインアップと価格については以下を参照。

PRICELIST

マイバッハ中古車情報
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる