情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ボルボとオートリブが新会社設立により自動運転技術の開発をさらに加速

2016年9月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カーズCEOのホーカン・サムエルソン氏(右)とオートリブ会長兼社長兼CEOのヤン・カールソン氏(左)

ボルボ・カーズCEOのホーカン・サムエルソン氏(右)とオートリブ会長兼社長兼CEOのヤン・カールソン氏(左)


スウェーデンのボルボは、次世代の自動運転ソフトウェアを開発するため、オートリブ(Autoliv)と共同所有会社設立の基本合意書に調印した。オートリブはスウェーデンに本社を置く自動車安全システムの世界的な先進企業である。

2017年の初めに業務を開始する予定の新会社は、スウェーデンのイェーテボリに本社を構える。この新会社は、ADAS(Advanced Driving Assistant System/先進運転支援システム)およびADテクノロジー(自動運転テクノロジー)を新規開発する目的で、拡大しつつある自動運転ソフトウェアシステムの世界市場に参入することとなる。

新会社が開発する先進のADASとADテクノロジーは、ボルボの新型車に採用されることはもちろん、オートリブが世界中の自動車メーカーに対して販売する計画。自動車メーカーと一次サプライヤーとが提携する取り組みは、業界で初めての事例となる。

ボルボは3点式シートベルトの発明という歴史を持ち、以来、安全性の高い乗用車の製造や世界トップレベルのアクティブ&パッシブセーフティーシステムを積極的に開発・導入。そして現在、「新しいボルボ車における死者や重傷者を2020年までにゼロに」という中期的なビジョンを掲げている。

一方オートリブは、自動車メーカー各社にセーフティシステムを提供する世界トップレベルのサプライヤーで、60年以上にわたりアクティブ&パッシブセーフティーテクノロジーを開発・導入するという点において他社をリードしてきた。

自動車の安全性をリードするボルボと、自動車安全システムの先進企業を結び付ける今回の合弁事業は、ADASとADテクノロジーにより、自動運転車の開発と導入を加速させる期待がある。

ボルボ・カーズのCEO、ホーカン・サムエルソン氏は、「お互いのノウハウとリソースを結びつけることで、新会社は自動運転ソフトウェアの開発における世界的リーダーとなるだろう」とコメントしている。

ボルボの中古車情報はこちら
ボルボ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる