Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ルノーとニッサンのEVが累計35万台の販売数を達成

2016年9月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月に日産自動車がリーフを発売してから5年8カ月、ルノー・日産アライアンスが販売するEVが、2016年8月に累計35万台となった。これは世界で販売されたEVの半数となる数字。そのうちリーフは累計23万台以上を販売している。

ZE0-151110-10-1200x779

またルノーはヨーロッパでもっとも販売台数が多いEVブランドとなっている。現在そのラインアップは、ニッサンがリーフとe-NV200、ルノーはゾエとカングーZ.E.、セダンのSM3Z.E.、2シーターのトゥイジーとなっている。

150608-01-13-1200x670

ちなみに日産自動車が販売したリーフの地域別台数は、アメリカが9万7000台、日本が6万8000台、ヨーロッパが6万1000台。またルノーのカングーZ.E.はすでに累計10万台を販売。2016年上半期の販売台数は前年比32%アップとなっていて、現在ヨーロッパを走るEVの4台に1台はルノーブランドとなっている。今後は自動運転技術も含めて、ゼロ・エミッションとゼロ・フェイタリティ(死亡事故)の実現を目指していくということだ。

編:自動運転の目的は事故ゼロと環境問題への対応という要件があり、EV車はその両方への対応がしやすいという側面がある。内燃機関よりも反応のよい電気モーターの特性は自動運転でも大きな意味をもっている。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる