情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

テスラ第3のモデル ファルコンウイングドアで電気駆動SUV「モデルX」登場 

2016年9月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC05040

モデルXとニコラ・ヴィレジェ社長兼北アジア統括副社長

2016年9月12日、テスラ・ジャパンはテスラで3番目のモデルとなる電気駆動のSUVタイプ「モデルX」を初公開。同日からWEBサイトで受注を開始し、9月16日から東京の「テスラ青山」、大阪は9月17日から「テスラ心斎橋」に展示する。価格は895万円から

モデルXは、安全で速く高機能なSUV、実際にはクロスオーバーとして開発され、前後アクスルを駆動するデュアルモーターによるAWDだ。

DSC05057

テスラ・モデルXは、多数の18650型リチウムイオン・バッテリーを敷き詰めたプラットフォームが使用され、コンポーネンツはモデルSと共通化されている。搭載するバッテリー容量は、60kWh、75kWh、90kWh、100kWhの4種類が設定されている。

衝突安全

モデルXのホイールベースは2965mmで、モデルSが2960mmとほぼ同じ。全長は5037mmで、モデルSより57mm長い。全幅は2070mm〔モデルSは1950mm)であり、サイズ的にはフルサイズとなっている。全高は1680mm、ドアを跳ね上げた状態では2200mmだ。

IMG_20160912_165021

ファルコンウイング・ドアを跳ね上げた状態。全高は2200mmとなる

100kWhのバッテリー搭載モデルは、0-100km/h加速が3.1秒とスーパーカー並みで、最高速は250km/h、航続距離はヨーロッパ走行モードで542kmと発表されている。

DSC05017

フロントのラゲッジスペース

DSC05023

リヤのラゲッジスペース

クーペタイプのボディフォルムだが、パッケージングは3列シート式で、2列目は2座席と3座席が選択できる。フロントドアは通常のスイングドアで、リヤドアは「ファルコンウイング・ドア」と呼ばれる跳ね上げ式としている。

ファルコンウイング・ドア。最もアップした状態

ファルコンウイング・ドア。最もアップした状態

ドアの幅を折り畳みながら下降するファルコンウイング・ドア

ドアの幅を折り畳みながら下降するファルコンウイング・ドア

ファルコン(はやぶさ)の名称通り、ドアが上昇、下降する時に横幅方向がすぼまるようなアクションとなり、左右幅方向への張り出しが30cm以下なので、狭い場所でもドアを昇降させることができる。このファルコンウイング・ドアを採用したことでスライドドア並みの乗降のしやすさを確保しているのだ。

リヤエンドには自動昇降式のアクティブ・スポイラーを備え、クリーンなボディデザインと合わせ、cd値は0.24と優れた空力性能を備えている。

2列目シート

2列目シート

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる