情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

パナソニック SDカーナビ「strada」のスタンダードモデル4機種を発売

2016年9月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
l-jn160906-4-1

CN-RA03WD(200mmワイド)

2016年9月6日、パナソニック・オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、SDカーナビステーションの新製品「ストラーダ」のスタンダードモデル4機種を10月中旬から発売すると発表した。

これらの新商品は、新交通情報サービス「VICS WIDE」を活用して渋滞が回避できる独自の新旧ルート比較ができる「スイテルート案内」、BLUETOOTHオーディオ、8倍速CD録音、ワイドFMなどニーズの高いAVソース再生に対応するなど、上位機種譲りの高いナビ・AV機能を搭載。加えて、CN-RA03WD/Dは新規道路開通後も長く使える無料地図更新にも対応している。

CN-RA03D

CN-RA03D

「スイテルート案内」とは、渋滞回避ルート探索に必要だったビーコンユニットを使うことなく、「VICS WIDE」情報を活用した渋滞回避ルート探索・案内する機能だ。「VICS WIDE」の渋滞・規制情報の変化に伴うルートの再探索機能に加えて、新旧ルートの比較機能も持ち、ドライバーの嗜好にあったきめ細やかなルート決定ができる。

CN-RE03WD

CN-RE03WD(200mmワイド)

CN-RE03D

CN-RE03D

また、「VICS WIDE」から提供される交差点の進行方向(直進・右折・左折など)ごとの通過時間情報を利用し、レーン別に渋滞状況を色分け表示することで、より渋滞の少ない方向への右左折が可能。オプションのETC2.0車載器(CY-ET2000D)と連携すると、ETC2.0からの広域の高速道路交通情報を活用したルート探索も可能となる。

これらの商品は大容量16GBメモリーを搭載し、家形や道路幅の違いまで正確な市外詳細地図や、実物と同じデザインで再現した方面看板など、豊富な地図情報を収録しているのも特徴だ。

standard

パナソニック アーカイブ
パナソニック・オートモーティブインダストリアルシステムズ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる