Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

パナソニック ブルーレイディスクプレーヤー搭載のSDカーナビ「strada」 2機種を発売

2016年9月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
l-jn160906-3-1

CN-RX03WD(200mmワイド)

2016年9月6日、パナソニック・オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載したSDカーナビステーションの新製品「ストラーダ」 2機種を2016年10月中旬から発売すると発表した。

この製品は、ハイビジョン映像に対応したブルーレイプレーヤーに加えて、CN-F1Dの高いナビ・AV機能を継承した7V型インダッシュカーナビだ。

ブルーレイプレイヤーは耐振・耐熱性に優れた車載専用光ピックアップを採用した自社開発の薄型ブルーレイメカニズムを搭載。過酷な車内環境でも安定したディスク再生が可能となっている。市販のセルビデオや、家庭で録画したハイビジョン映像をブルーレイディスクにダビングして、気軽に車内で楽しめのがアピールポイントだ。

l-jn160906-3-2

CN-RX03D(180mm)

新交通情報サービス「VICS WIDE」を活用した渋滞を回避する「スイテルート案内」や「安心運転サポート」機能を搭載。

また、高性能音響パーツを新たに採用することで、AVソースの車室内での高音質再生にこだわるユーザーの要望にも対応している。音楽CDの最大4.35倍のサンプリング周波数のリニアPCM192kHz/24ビットの高音質ブルーレイオーディオ音源再生に対応し、クラシックを中心としたブルーレイオーディオソフトを高音質のまま再生できる。

さらにBLUETOOTHオーディオ再生機能が、高音質のAAC(Advanced Audio Coding)形式にも対応し、携帯機器からの音源を高音質で再生でき、AMラジオ番組をクリアでノイズの少ないFM放送品質で楽しむことができる「ワイドFM」にも対応している。

bulueray

パナソニック アーカイブ
パナソニック・オートモーティブインダストリアルシステムズ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる