情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ マカンのラインアップ最上位により高性能の「ターボ パフォーマンス」を追加

2016年9月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェのコンパクトSUVセグメントスポーツカー「マカン」は、デビュー以来このクラスのドライビングダイナミクスの基準となる存在だった。しかしポルシェはさらにその基準を引き上げるため、高性能モデル「マカン ターボ パフォーマンス」を2016年9月1日に追加した。

マカン ターボ パフォーマンスの最大の特徴は、シリーズ最強を誇るハイパワーだ。3.6L V型6気筒ツインターボエンジンという基本構成こそマカン ターボと共通だが、最高出力は30kW(40PS)上回る324kW(440PS)を発生する。

その結果0ー100km/h加速タイムはわずか4.4秒。最高速度は272km/hに達する。これはそれぞれ0.2秒の短縮、6km/hの向上となっている。

最大トルクは600Nm/1500ー4500rpmで、これもマカン ターボとの比較では50Nmの増大。駆動力が増したことにより、スポーツ・プラスモードでは、80ー120km/h加速のタイムが2.9秒と0.2秒短縮された。

また燃料消費量(NEDC)は、装着するタイヤに応じて9.4~9.7L/100kmとなる。

マカン ターボ パフォーマンスを際立たせているのは、エンジンの出力だけではない。まずフロントには、通常のマカン ターボより30mm大きな390mm径のスリット入りブレーキディスクと、赤い塗装が施された対向6ポットのブレーキキャリパーが装備される。

さらに、スイッチで作動するポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)は、マカン ターボより15mm低く設定したボディとマッチするよう最適にチューニング。セルフレベリング機能と高さ調節機能を備えるとともに、スチールサスペンションより車高を10mm低く設定してあるエアサスペンションもオプションで用意される。

スポーツクロノパッケージによって性能をさらに強化することもできる。このパッケージを装着した状態でスポーツ・プラスモードを選択すると、シャシー、エンジン、およびトランスミッションがよりスポーティな設定に切り替わるとともに、スポーツエグゾーストシステムがさらにエモーショナルなサウンドを奏で始める。

デュアルクラッチトランスミッションの7速PDKは、シフトチェンジの際のレスポンスの短縮、シフトポイントの最適化、シフトチェンジ中のトルク増大によって、最高の加速性能を引き出せるように仕上げられている。

マカン ターボ パフォーマンスのカスタマイズには、ターボエクステリアパッケージなど、多彩な専用オプションを幅広く使用することができる。このパッケージオプションに設定されているのは、ラテラルスポークを備えたブラック仕上げの21インチ 911ターボ デザイン ホイール(ハイグロスフィニッシュ)、PDLS Plus付LEDヘッドライト、およびブラックのカラーリングが施されたその他多数のパーツ。

またターボインテリアパッケージでは、贅沢なアルカンターラエレメントを備えたブラックレザーインテリア、多数のカラーアップリケ、およびモデル名入りドアエントリーガード(ホワイトイルミネーション)などのカーボンパーツも提供される。

■問い合わせ先
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる