情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

マツダ タイ工場のエンジン生産を増強

2016年9月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダは2016年8月30日、タイ・チョンブリ県のパワートレーン生産拠点「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(MPMT)のエンジン組立工場の年間生産能力を2018年上半期までに10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設することを発表した。

MPMT完成予想図(左上:トランスミッション工場、右下:エンジン工場

MPMT完成予想図(左上:トランスミッション工場、右下:エンジン工場)

2015年10月に本格稼働したMPMTのエンジン組立工場は、年間生産能力3万基で、「SKYACTIV-D 1.5」および「SKYACTIV-G 1.3」の組み立てを行なっている。また、同工場で生産されたエンジンは、タイの車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」に出荷され「Mazda2(日本名:マツダ デミオ)」に搭載されている。

今回、新たに221億円を投じて、エンジン組立工場の年間生産能力を10万基に増強するとともに、同規模のエンジン機械加工工場を新設することで、タイにおける車両、エンジン、トランスミッションの一貫した現地生産体制のさらなる拡充を図る。また、生産機種に「SKYACTIV-G 2.0」を追加し、ASEAN域内に車両生産拠点があるマレーシア、ベトナムへの輸出を開始する予定だ。

マツダ アーカイブ
マツダ 中古車情報
マツダ 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる