Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

キャデラックEscala Conceptをぺブルピーチで初公開

2016年8月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年8月18日、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスが開催されるカリフォルニアで、キャデラックのコンセプトカー「キャデラック エスカーラ コンセプト」が初公開された。

The Escala Concept introduces the next evolution of Cadillac design.

The Escala Concept introduces the next evolution of Cadillac design.

このコンセプトカーには、常に進化を続けるキャデラックのデザインや、今後の製品モデルラインアップに活かされていくクラフトマンシップ、テクノロジーの数々が投入されているという。

「キャデラック エスカーラ コンセプト」は、これからのキャデラックのデザインとテクノロジーに対する理念を明確化する1台で、グローバル キャデラックの社長を務めるヨハン・デ・ナイシェンは、「エスカーラは、2つの明確な目的を持ったコンセプトモデルです。第1の目的は、キャデラック デザインの新たな方向性と、今後キャデラックモデルに搭載すべく現在開発しているテクノロジーを明確に示すこと。そして、第2の目的はキャデラックのラグジュアリーな世界観を確立し、プレミアムセグメントの頂点に再び戻る指標となること」と述べている。

キャデラック エスカーラ コンセプト2

エスカーラは、コンセプトモデルであるが、ラグジュアリーセダンセグメント市場の動向によっては、ラインアップに追加されることも「十分にあり得る」ということだ。

コンセプトモデルのエスカーラ(“スケール”を意味するスペイン語)は、最近発表された2016年モデルのキャデラックCT6よりも大きなボディを持つ、さらに格上の存在感を持ち合わせた最高級セダン。ここ最近の、ペブルビーチで発表したキャデラックのコンセプトモデルとしては、シエル コンバーチブル(2011年)とエルミラージ クーペ(2013年)に続き、3台目のモデルとなる。

キャデラック エスカーラ コンセプト 1

このエスカーラはドライバーが走りを楽しむためのクルマであるとともに、快適な乗り心地を味わうためのフラグシップセダンでもある。大胆なリフトバックデザインが特徴で、このクルマの圧倒的なスケールと多用途性が強調されていて、さらに全長は5347mmと、現行モデルのキャデラックCT6よりも約160mm長くなっているなど、実サイズもフラッグシップモデルに相応しいものになっている。

エスカーラのフェイスデザインは、近日登場する製品モデルに取り入れられる予定だという。この新デザインは、1948年から受け継がれているキャデラック独自の縦型ライトに新たなアレンジが加えられており、有機LED(OLED)を採用したライトは、よりスリムで奥行きのある仕上がりとなっており、昼夜を問わずワイルドなルックスを演出する。そのほか、立体的で精緻な仕上がりのグリルデザイン、2レイヤースポークの22インチホイールなど、キャデラックらしい個性が与えられている。

インテリアは、“自分自身が心の底から運転したいと思う”と思わせる前席、“誰かに運転してもらって乗りたい”と思わせるリラクゼーションを提供する後席と、“2つの個性”を持つのが特徴だ。

キャデラック エスカーラ コンセプト4

前席まわりで目立つのが、曲線を描く3つのOLED式ディスプレイ。このテクノロジーは、今後登場するキャデラックの製品モデル向けに開発したもので、ドライバーの正面には非常に薄い曲線状のディスプレイが重ねられており、“Cadillac”の文字をあしらったエンボスが施されたハンドステッチ加工のレザーで覆われるなど、凝ったつくりとなっている。

また、コネクティビティコントロールの新たな機能(開発中)も備わっている。将来的には製品モデルに採用される予定で、システムにはセンターコントロールモジュールが備わっており、タッチ操作だけでなく、声やジェスチャーでも一連の通信機能をコントロールできるという。

エスカーラ には、大型ラグジュアリーカーのアーキテクチャーをベースとした新しい後輪駆動と、新型キャデラックCT6に初めて導入された世界最先端のボディ構造が採用されている。このボディ構造は各種素材を組み合わせており、かつてない俊敏性と効率性が実現した。

エンジンは、新開発された4.2L のV型8気筒ツインターボエンジンで、今後キャデラックの製品モデルに採用される予定のプロトタイプだ。他をリードするこのエンジンは、アクティブ・フューエル・マネージメントテクノロジーを採用しており、気筒休止による4気筒での運転によって燃料消費量を抑えることが可能である。

キャデラック エスカーラ コンセプト
ボディ形式 :4ドアフラッグシップセダン(リフトバックボディ)
全高 57.3 in / 1455 mm
全幅 76.7 in / 1948 mm
全長 210.5 in / 5347 mm
ホイールベース 127.1 in / 3228 mm
エンジン 4.2L V型8気筒ツインターボエンジン

キャデラックHP
キャデラックFacebook

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる