Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【コラム】「プラダを着た天使」!~「メルセデス・ベンツE200」@吉田由美

2016年8月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL.66

新型「メルセデス・ベンツEクラス」凄いです!

 

写真 3

新型E200に試乗しました。とにかく「すごい」ことテンコ盛りですよ!

「Sクラス」で導入された新技術たちが、次に登場した「Cクラス」にも導入されてビックリ!でもCクラスにも、さらにこんな最新装備を盛り込んだら、その後に登場する「Eクラス」はどうなるのか?と思っていました。

もう新技術は出尽くしてしまったのではないかと・・・(笑)。でもそんな心配は無用でした。

メルセデス・ベンツEクラスは世界で累計1200万台以上も販売するメルセデスのボリュームゾーン。メルセデス・ベンツのフラッグシップモデル「Sクラス」とスタンダードセダン「Cクラス」の間のクラスというポジション。

メルセデス・ベンツはCクラスが一番のボリュームゾーンかと思っていましたが、その上のEクラスというのですから、メルセデス・ベンツとしてはこのEクラスは絶対に外すわけにはいかない大切なモデル。

でも私のそんな心配なんてすぐに吹き飛びました。

DSCN1426

E200アバンギャルド・スポーツ。2.0Lガソリンターボです

といっても日本に導入されたのはまだ「E200アバンギャルド」&「E200アバンギャルドスポーツ」だけです。スポーティ&ラグジュアリーという言葉がピッタリの大きなスリーポインテッドスターを従えたフロントマスク。セダンなのにクーペライクな、なだらかなボディライン。インテリアに目を見けると、大げさなほどのこれまた流線型のダッシュボードに64色ものアンビエントライト。12.3インチの巨大なメーターパネルに繋がる同サイズのコマンドシステムが嫌でも目に入ります。

DSCN1419

メルセデスのメインはこのEクラスがボリュームゾーン

操作はハンドルに掛けた親指でコロコロ。ただこれは、特に左の親指で操作するカーナビ画面、特にNAVIの行先入力などはなかなかしづらいかも。

エンジンは2.0L直列4気筒ブルーダイレクトターボエンジン。

写真 1

プレセーブ インパルスサイドを体感できるデモシートにも試乗?

世界初の機能もいくつか搭載されていますが、私が気になったのは「アクティブエマージェンシーストップアシスト」と「プレセーフ インパルスサイド」。

「アクティブエマージェンシーストップアシスト」は「ステアリングパイロット」が起動されているときに、ドライバーが一定時間ステアリング操作をしないと警告と警告灯を出し、それでもドライバーがハンドルを握らなったときには警告音を鳴らしながら緩やかに減速し、車両を停止させる機能。運転中に意識を失った場合などに有効のシステム。

そして「プレセーフ インパルスサイド」は、側面衝突を回避できないと検知した場合、前席のサイドが膨張し、乗員をドアから遠ざける機能。しかし、このシートのデザイン自体も実はメルセデスのこだわり。レザーでは難しい流線型のフォルムを採用し、試乗会の時に来日していたEクラスのデザイナーさん曰く「Eクラスのシートは女性のドレスをインスパイアしました」とのこと。

写真 2

シートの写真で向かって右側のシートが凹んでいるのがわかりますか?これは作動時の様子を体験できるシステムです。

もうこれは「プラダを着た悪魔」ならぬ「プラダを着た天使」ですね。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる