Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 世界初! 可変圧縮比の新開発ターボエンジンをパリ・モーターショーで発表

2016年8月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

INFINITI four-cylinder turbocharged gasoline VC-T engine

2016年8月14日、日産・インフィニティは2016年9月29日から開催されるパリ・モーターショーで、実用エンジンとして新開発された世界初の可変圧縮比エンジン「VC-T(バリアブル・コンプレッション・ターボ」を公開すると発表した。

日産は20年以上前から、内燃エンジンの革新技術として可変圧縮比エンジンを研究していたが、ようやく市販エンジンとして実現することになった。

可変圧縮比エンジンは、ピストン位置を運転状態に合わせて変化させることで、圧縮比14.0~8.0まで変化する。ターボによる高過給圧時には圧縮比は8.0を使用し、燃費を追求する低負荷時には圧縮比は14.0まで上げられるというものだ。

INFINITI four-cylinder turbocharged gasoline VC-T engineINFINITI four-cylinder turbocharged gasoline VC-T engine

構造的には、通常のクランクに固定されるコネクテッドロッドの大端部に「マルチリンク」と呼ばれるリンクが結合されている。このマルチリンクを位置決めするコントロールシャフトがあり、コントロールシャフトはハーモニックドライブ機構によりマルチリンクの位置を変化させる、つまりピストンの上死点を変化させる仕組みだ。

ハーモニックドライブ

ハーモニックドライブ

ハーモニックドライブは、楕円と真円の差動を利用した波動減速機だ。小型軽量な減速システムで、しかも高精度な位置決めができる特徴を持っている。このハーモニックドライブをモーターで駆動することで、コントロールシャフトの位置を精密に制御できる。
可変圧縮比エンジンで最も重要なポイントとなるコンロッドのリンク機構がイラストで明らかになり、リンク機構の位置決めは工業ロボットなどで多投されている小型軽量で精度の高いハーモニックドライブを採用していることもはっきりした。

しかしより詳細な発表はパリ・モーターショーを待ちたい。

ニッサン アーカイブ
インフィニティ公式サイト
ニッサン 中古車情報
ニッサン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる