情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

スポーツ性の高いジャガーのパフォーマンスSUV 「F-PACE」 <レポート:繁 浩太郎/Kotaro Shige>

2016年8月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F-PACE_Test Drive_036

■F-PACE(エフ・ペイス)という名前

チョット日本人には馴染みにくいし、言いにくい名前だが、これは、ジャガー創立時の理念である「Grace、Pace、Space」(優雅、速さ、広さ)のPaceからきている。また、ジャガーの中でSPORT(スポーツ)系商品はTypeと呼び(F-Typeなど)、LUXURY(ラグジュアリー) 系商品はXと呼ぶ(XJ、XF、XE)。今回のSUV系は、LIFE STYLE(ライフスタイル)系商品と位置づけて、PACE(F-PACE)とし、これで三本柱となっている。

こういう、いきさつを聴けばなんとなく納得でき、頭に入る。逆に、馴染み少なく言いにくい名前は、一旦頭に入ったら忘れられない名前となる。

DSCN0669

ジャガーの各ブランドのポジショニング

■F-PACEは、ジャガー初のパフォーマンスSUV

元々SUVは、悪路から街乗りまで可能なスポーツ・ユーティリティ・ビークルで4WDが一般的だった。今では、あえて悪路走破を楽しむ人より、街乗り〜高速走行に使うユーザーが多くなり、こちらが重視されるようになってきた。

DSCN0697

20d R-Sportは2.0Lのディーゼルターボで255/50R20のタイヤ&ホイールを履きこなす

そうなると悪路走破性の為の4WDである必要性はなくなり、名前も「クロスオーバー」など、より都会的な名前で呼ばれるようにもなってきた。そのスタイルは、タイヤサイズがボディ比でかなり大きくて安定感や走りへのこだわりが伝わってくる。また、ボディデザインは悪路=無骨から、高速=スマート/高級方向になり、街中や都会で走ってこそカッコ良くなってきた。

DSCN0791

Sグレードはオプションの265/40R22というビッグサイズのタイヤ&ホイール

今では、メルセデス・ベンツ、BMW、Audi、マセラティ、ベントレーなどのプレミアムブランドから世界のスポーツカーブランドのポルシェまで、多くのSUVが登場してきている。今回、ジャガーという「プレミアム・ロイヤルブランド」(これは私が勝手に名付けたもの)から、F-PACEという「真打ち登場」となった。

DSCN0721

■F-PACEの乗り味

ジャガーはスポーツブランドのF-TYPEから、ラグジュアリーブランドのXJ、XF、XEまで、その乗り味はかつてのジャガーではなくデザインと同様に生まれ変わり、基本FRで走りにこだわったその乗り味は、秀逸なものだ。

F-PACEは、スポーツカーF-TYPEからのDNAを受け継ぐパフォーマンスSUVとして、実際AWDで重配の50:50は守られているなど、スポーツ性を重視している。動力性能はもちろんだが、基本的に重心が高いSUVの不安定さを取り除くために、アルミボディを採用して軽量化し、サスペンション、ダンパー、EPSなどの走行系も制御している。その乗り味は確かにキレの良いハンドリングながらスムーズで、F-TYPEを連想してしまう。

また大切なドライビング姿勢は、テレスコ、チルト、シートなどの様々な調整幅が大きく、適正姿勢がとりやすい。シートはお尻から足の大腿部をシッカリと受けてくれるシートクッション長のあるシートはありがたい。

■ガソリン仕様とディーゼル仕様

さてF-PACEには、ディーゼル仕様とガソリン仕様(ハイオク)がある。ガソリン仕様はスポーツブランドのF-TYPEと同様の3.0L・V6スーパーチャージドエンジンで、340psと380ps仕様がある。私が試乗したのは340ps の35T R-SPORT(AWD)だったが、それでも当然のように低速から高速まで力強いがスムーズな加速が続いた。ガソリン仕様の良さはパワーによるこのワイドレンジな加速とタイヤのインチアップにもよるスムーズな走りだ。

F-PACE_Test Drive_142

一方ディーゼル仕様は、特に街中の走りでより太いトルクを感じる。ダイナミックモードにすると、アクセルに足をタッチするだけで、そのトルクでグングン加速していく。ハンドリングは、非常に素直で切れもよくSUVにありがちな、重心の高さ感やフラつきなど全くなくシッカリとしていて、これはホント、スポーツカーだ。しかも、基本はFRのAWDなので、ハンドリングが気持ちいい。
まさに、英国のワインディングなどを走ると気持ち良いと思う。

DSCN0695

このINGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンは高速でもよく走るが高速では何と言ってもその燃費が期待される。ヨーロッパでは、高速道路を長時間に渡って一定速度で走ることが多いため、ハイブリッドでは回生エネルギーを得にくく、ディーゼルが主流になっている。一方、北米では、スタンドに軽油のあるところが非常に少なく、ディーゼル車は普及していない。

さて、日本ではご存知のように、どのスタンドにもほぼ軽油があり安い。ハイオクはレギュラーに比べだいたい1割近く高く、軽油はレギュラーに比べだいたい2割近く安いので、軽油はハイオクに較べて3割近く安い計算になる。

ガソリン仕様の欧州車がそのまま日本に来ると、市販のガソリンのオクタン価の違いでハイオク仕様になってしまう。売価150万円台からある経済性がウリのドイツの某スモールカーまで、ハイオク仕様だ。これには違和感を感じる。

F-PACEの場合は燃費そのものもJC08カタログ値で5割ほどディーゼルが良い。(JC08モード燃費でガソリン仕様が10.1km/Lとディーゼル仕様が15.8km/L)価格は装備仕様の違いなどで、ディーゼル仕様の方が安い。よって費用(燃費)と地球環境、さらにトルク感があり乗りやすさを考えるユーザーには、文句なくにディーゼル仕様をお勧めする。確認のために言っておくが、今どきのディーゼルはカリカリ音も臭いもガソリン仕様との差は殆どなく、過去のディーゼルのイメージはない。

■デザイン

デザインはSPORT(スポーツ)系のTypeとLUXURY(ラグジュアリー) 系のXと同様に、特にその顔はひと目でジャガーとわかる鋭いデザインだ。

IMG_2783

サイドビューは、ウエッジシェイプで今にも動き出しそうな疾走感を感じる。また、サイドビューからリヤビューにかけて前後のドア下面の造形やリヤホイールの上のアウターパネル・ショルダーの絞込みで全体的にコリっとした一つの塊感というか、一つの造形物となって、長時間見ているとよけいにその良さが伝わってくるデザインだ。

DSCN0703

■F-PACEはパフォーマンスSUV

今では、様々なプレミアムブランドから、SUV/クロスオーバーと呼ばれるものが多く発売されているが、その中でこのF-PACEは英国のワインディング・ロードをスポーツカーのように疾走すると気持ちよさそうだ。

今回は八ヶ岳周辺での試乗だったが、天気も良い中、少々のワインディングもあり、実際に体感してみてその走りは気持ち良いものだった。ガソリン仕様はもう少し高速で走れるワインディングがいいような気がした。日本ではディーゼル仕様の方が良いかもしれない。

F-PACEは形だけのSUVとは異なり、スポーツカーF-TYPEからのDNAを受け継ぐスポーツ性の高い、まさにパフォーマンスSUVだった。

価格

ラインアップとF-PACE価格表(8%消費税込み)

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる