Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

パナソニック ドイツの車載ソフトウェア開発会社「オープンシナジー社」を買収

2016年8月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1

2016年8月9日、パナソニックは車載コックピットソリューション向け組み込みソフトウェア開発会社のオープンシナジーGmbH (ドイツ・ベルリン)の全株式を7月22日に取得し、完全子会社化したと発表した。

パナソニックは、以前からオートモーティブ事業を高成長事業と位置付けている。そして社会課題である交通事故ゼロを実現するためには、センサーで検知した車内外の情報に基づき、ブレーキなどの車両を制御する先進運転支援システム(ADAS)に加え、運転者に安全運転を促す運転者支援システムの重要性を認識している。

現在のコックピットシステムは、ナビゲーション、オーディオなどのマルチメディア機能と、ヘッドアップディスプレイなどへの警告表示を含む運転者支援機能とが別のシステムによって制御されているが、今後はこれらの機能を連携させ、運転者へ直感的に分かりやすく情報を伝えるために、オペレーティングシステムレベルからのシステム統合が求められている。オープンシナジー社はそうした技術開発を専門とする企業で、パナソニックが買収を決定した理由だ。

2

オープンシナジー社は、車載コックピットソリューション向け組み込みソフトウェアを専門とする開発会社だ。主力製品はコックピットシステム、カー・コネクティビティシステム向けモジュラーソフトウェア開発キット(SDK)であるCOQOS SDKと、先進的なBluetoothスタックであるBlue SDKだ。同社の製品により計器システム、 ヘッドユニットに加え、運転者支援用システムやカー・コネクティビティシステムの統合が可能になる。

これらのシステムは仮想化とオープンソースのソフトウェアによって実現されており、AUTOSAR(オートザール:次世代車載電子プラットフォーム)やBluetoothなどの要求に適合。これらによりマルチメディア機能と運転者支援機能とが統合された次世代コックピットシステムを実現することができ、自動運転への道を切り開くことができる。

パナソニックの上原宏敏インフォテインメントシステム事業部長は、「オープンシナジー社を子会社化することで、次世代コックピットシステムを実現し、自動運転を見据えたコックピットシステムとADASの融合へ大きく前進する」とコメントしている。

なお、オープンシナジー社はソフトウェア技術による次世代ソリューションに加えて、BluetoothスタックなどもTier1メーカーや自動車メーカーへ提供しており、パナソニックによる全株式取得後も独立会社として従来通り、これらのビジネスを継続することになっている。

オープンシナジー社 公式サイト
パナソニック アーカイブ
パナソニック・オートモーティブインダストリアル システムズ公式サイト
パナソニック公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる