情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

「次に買うクルマはフランス車」って決めているんです!プジョーのクリーンディーゼル <レポート:藤本えみり>

2016年8月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プジョーのクリーンディーゼル日本初導入! その良さを体感しました
FMヨコハマ「ザ・モーターウィークリー」のDJ藤本えみりです。今年(2016年)7月、プジョーのクリーンディーゼルが日本初導入されました! 搭載モデルは、「308 Allure BlueHDi」「308 GT BlueHDi」「508 GT BlueHDi」の3モデル。加えて、ステーションワゴンの「SW」にもディーゼル車が加わりました。そのプジョーのクリーンディーゼル「BlueHDi」の試乗会が御殿場で開催され、私も参加してきましたー。

「ヨーロッパではディーゼル車が多い」という話は以前から聞いていたり、実際旅行に行った時にそう感じましたが、プジョーの本国フランスでもディーゼル車が主流。しかも、プジョーが初めてディーゼルエンジンを搭載したクルマ(403D)を発売したのは1958年。プジョーは、長きに渡って、ディーゼルエンジンの開発に取り組んできたメーカーなんだそうです!

でも排ガスの規制の関係で、これまでずっと日本にはディーゼルモデルを導入できなかったそう。なので、車両説明会では、メーカーの方から「悲願が叶った!」という言葉も出たほどでした。

ちなみにディーゼル初搭載の「プジョー403」は、アメリカのTVドラマ「刑事コロンボ」の主人公の愛車だったクルマ。調べたら日本でも1981年頃まで放映されていたので、私も見ていたのを覚えています。歳がバレる……(笑)

だから、「ついに!」という言葉がふさわしいって思います。日本導入された、プジョーのクリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」はどんなものなのか? すごく気になります。

この続きは、ザ・モーターウィークリーのホームページでどうぞ……つづきを読む

プジョー308の中古車情報はこちら
プジョー308SWの中古車情報はこちら
プジョー508の中古車情報はこちら
プジョー508SWの中古車情報はこちら
プジョー公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる