Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

横浜ゴム テフロン・オイルホースがトヨタGD型ディーゼルエンジン性能に貢献

2016年8月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テフロン

GD型ディーゼルのターボ軸受けにオイルを供給するホース

2016年8月8日、横浜ゴムは、トヨタが2015年、KD型に変わる新型ディーゼルエンジンとして開発した「GD型エンジン」に、取り付け工数削減に貢献するテフロンホースを使用したオイル供給ホース配管を供給する。

GD型ディーゼルエンジンは2.4L、2.8Lの2機種があり、ランドクルーザーやハイラックスに搭載している。今後、搭載車種は14車種にまで拡大する予定の高効率・低燃費型の次世代エンジンだ。

トヨタの1GD-FTV型ディーゼル・エンジン

トヨタの1GD-FTV型ディーゼル・エンジン

このホースが採用された背景にはディーゼルターボ用のオイル配管の取り付け間隔が狭くなり、従来のパイプ配管では取り付け工数削減が難しくなっているからだ。

横浜ゴムは金具とホースのアッセンブリー技術を応用し、フレキシブルなテフロンホースを使用することで取り付けの自由度を大幅に高められるのが特徴だ。また製造工程を分担し製品を1つずつ生産できるようにラインを改善し、高い品質要件を満たした。

さらに、製品テストを簡素化できる治具を開発するなど工夫して製品1個あたりの完成スピードを向上させている。

なお、採用されたテフロンホースは2015年2月から横浜ゴムの長野工場で生産を開始したが、GD型ディーゼルエンジンがタイで生産されているため、2016年からはヨコハマラバー(タイランド)カンパニーLTDに移管し量産している。

 

横浜ゴム アーカイブ
横浜ゴム公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる