情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ダイハツ、日本の軽自動車市場で培った技術をインドネシアで活用!新型多目的乗用車「シグラ」を発売!

2016年8月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ、インドネシアで軽自動車の技術を投入した新型多目的乗用車「シグラ」を発売
ダイハツのインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーターは、インドネシア専用の多目的乗用車「シグラ(SIGRA)」を8月2日より発売した。同車は、トヨタ自動車へのOEM供給も行なわれる。

サンスクリット語で「反応が素早い」といった意味を持つ言葉を車名にしたつシグラは、ダイハツが日本で培った軽自動車の技術やノウハウを活用し、多人数乗車や多くの荷物を積むなど、現地で求められるニーズを反映した本格7人乗りAセグメント・サイズのMPV(多目的車)である。

シグラのプラットフォームは、先にインドネシアで販売開始されているアイラと共通のグローバルAプラットフォームを活用して改良。
エンジンはダイハツがASEAN向け次世代エンジンと位置付ける新型NRエンジン(1.2L)と燃費性能・出力などを改善したKRエンジン(1.0L)を搭載する。
高い燃費性能と手ごろな価格を実現し、同社としては2車種目のインドネシアのエコカー政策(LCGC政策)適合車となる。

パッケージは、室内空間を最大限有効活用する軽自動車の技術を活かした本格的なMPVとなっていて、小型車ながら大人7人が快適に座れる居住空間と、日常生活で求められる荷物収納スペースを確保。そのうえで高い小回り性を実現している。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる