情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

100台以上の研究用車両によるコネクテッド自律運転車両技術の実走テストを開始【ジャガー・ランドローバー】

2016年8月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガー・ランドローバー、100台以上の研究用車両によるコネクテッド自律運転車両技術の実走テストを開始

ジャガー・ランドローバーは、今後4年間でコネクテッド自律運転車両(CAV:Connected Autonomous Vehicle)技術に関する広範な開発およびテストを、100台を超える研究用車両を活用して行なうと発表した。
その手始めとして2016年後半、コベントリーとソリハル周辺の高速道路と市街地に新たに設けられた41マイル(約65km)のテスト用ルートを使い、走行実験を開始すると発表。
まず初期段階のテストとして行なわれるのは、車両間および車両とインフラ間の通信技術の確立とのこと。
これは車両間の相互通信や、道路沿いの標識、頭上の道路情報掲示板、交通信号との通信を可能にするもので、将来的には車両間でのデータ共有、複数のコネクテッド・カーが連携し合うことで、車線変更や交差点の通行をより簡単にかつ安全にする、というものを目指している。

インフラとの通信によって道路状況などをデバイスに表示できる

インフラとの通信によって道路状況などをデバイスに表示できる

さらにROADWORK ASSIST(ロードワーク・アシスト)と名付けられた、ステレオカメラを使用して前方道路の3Dビューを生成し、画像処理ソフトウエアと連携させることでコーンや障害物を認識、わずかな力でステアリング操作をアシストし、ドライバーが車線中央を走行し続けることができるようにするシステムや、SAFE PULLAWAY(セーフ・プルアウェイ)という衝突事故を防止する支援システム、見通しの悪いところにある危険や障害物を、無線信号を利用し車両間で情報共有することで警告する、OVER THE HORIZON WARNING(視野外警告)、コネクテッド技術を搭載した救急車や警察車両、消防車の接近をデバイスによってドライバーに警告するEMARGENCY VEHICLE WARNING(緊急車両警告)技術などの、より高度な自律運転を目指した研究が進められている。

ロードワーク・アシストは障害物を認識し、回避するために必要な操作を手助けしてくれるもの。

ロードワーク・アシストは障害物を認識し、回避するために必要な操作を手助けしてくれるもの。

問い合わせ
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる