Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

富士重工業 「ボクサーエンジン50周年」をテーマにエンジンの歴史を展示

2016年8月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業が初めて水平対向エンジンを搭載したスバル1000を発売したのが1966年5月14日。2016年はその50年目の節目となることから、富士重工業は8月5日~7日の3日間、幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」(オートモビルカウンシル)で、「ボクサーエンジン50周年」をテーマにスバルと水平対向エンジンの歴史を展示することにした。

このイベントは「クラシック ミーツ モダン」をコンセプトに日本の自動車文化やヘリテージの魅力を世界に向けて発信しようとするもの。今回が初開催となる。

会場に展示されるのはスバル初の水平対向エンジン搭載車のスバル1000や、今年秋に発売予定の新型イップレッサといった新旧の車両に加え、スバル1000に搭載された「EAエンジン」や、新型インプレッサに搭載予定の「FBエンジン」といった、日頃は目にする機会が少ないパワーユニット単体も見ることができる。また珍しいところでは零戦にも搭載されたことで知られる中島飛行機時代の「栄エンジン」も展示される。

AUTOMOBILE COUNCIL 2016開催概要
開催日程   2016年8月5日(金)~7日(日) 9:00~18:00
会場         幕張メッセ 2・3ホール
主催         AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会
公式サイト   http://automobile-council.com/

new-imp16702sEA52型

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる