情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

ニッサン 新型セレナに自動運転技術を初搭載

2016年7月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
160713-02-09-1200x611

単眼カメラの情報をもとにADAS ECUがステアリング、アクセル、ブレーキを統合制御する。

ニッサンが8月下旬に発売予定の新型セレナに、自動運転技術の「プロパイロット」が搭載されることが発表された。渋滞時のアクセル、ブレーキ、ハンドル全ての自動化は、日本のメーカーとしては初めてである。

搭載されるプロパイロットは高速道路の単一車線での自動運転を可能にした。先進の画像処理ソフトを搭載したカメラが前方車両との距離や白線を三次元的に把握し、コントロールユニットがアクセル、ブレーキ、ステアリングを統合制御。システムはドライバーが設定した30km/h~100km/hの間で作動する。

この技術はドライバー不要の自動運転ではなく、あくまでもドライバーが操作する高度運転支援技術(ADAS)という位置づけのものだ。

160713-02-05-1200x264

単眼カメラが先行車両と車線を捉えるイメージ

具体的には、先行車両が停止した場合、それに合わせてシステムが自動的にブレーキをかけて停車する。停車後約3秒以内に先行車が発進した場合は自動で再発進し、それ以上の時間が経過した場合はドライバーがレジュームスイッチを押すかアクセルを踏むと追従を再開してくれる。巡航時はもちろん、渋滞時も作動することでドライバーの疲労軽減と安全性能向上が飛躍的に高まる。

160713-02-08-1200x629

渋滞中のプロパイロット作動のイメージ

160713-02-11-1200x489

プロパイロッット作動時のインターフェイスのイメージ

ニッサンは今後、プロパイロットを2017年に欧州の「キャシュカイ」に投入するほか、米国や中国にも順次投入する予定だという。

ニッサン アーカイブ

ニッサン 中古車情報

ニッサン 公式ページ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる