Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ホンダ 世界初 レアアースを使わないハイブリッド用モーターを新型フリードに採用

2016年7月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LOGO2016年7月12日、ホンダと大同特殊鋼はハイブリッド車用駆動モーターに使用する高耐熱性と高磁力を兼ね備えた、重希土類(レアアース)完全フリー(不使用)の熱間加工ネオジム磁石を世界で初めて実用化。2016年秋発表予定の新型フリードに採用すると発表した。

ハイブリッド車など電動車の駆動モーターには、世界最強の磁力を持つネオジム磁石が永久磁石として使用されているが、ハイブリッド車用の駆動モーターはこのネオジム磁石が高温の環境下で使用されるため、高い耐熱性が求められている。耐熱性を確保するために、従来は重希土類元素(ジスプロシウム、テルビウム)が添加されていた。

しかし、レアアースの重希土類元素は世界的に有力鉱床が偏在し、安定調達・材料コストの観点でリスクを抱えていた。そのためハイブリッド車の駆動モーター用にネオジム磁石を使用する上で、重希土類元素の使用量を低減することは大きな課題の一つだったのだ。

大同特殊鋼の子会社であるダイドー電子は、ネオジム磁石を一般的な製造工法である焼結工法ではなく熱間加工法により量産する技術を持っていた。熱間加工法は、一般的な焼結磁石の10分の1程度の微細な結晶粒組織を得ることで、より耐熱性が高い磁石となる。

重希⼟類完全フリーの永久磁⽯

重希⼟類完全フリーの永久磁⽯

今回、大同特殊鋼が熱間加工法の技術をさらに進化させ、ホンダは駆動モーター開発の経験を活かし、磁石形状を見直すなど共同で開発を行ない、重希土類元素を全く使用せずに、ハイブリッド車用駆動モーターに適用可能な高耐熱性、高磁力を実現したネオジム磁石を世界で初めて実用化した。

ホンダはこの磁石に対応した新しいモーターを設計する上で、磁石形状に加えてローター形状も見直し、磁石にかかる磁束の流れを最適化することで、トルク、出力、耐熱性で従来の磁石を用いたモーターと同等の性能を達成した。

i-DCD 駆動モーター⽤ローター

i-DCD 駆動モーター⽤ローター

そして今秋発表予定の新型フリードに搭載するスポーツハイブリッド(i-DCD)に、この重希土類完全フリー熱間加工ネオジム磁石を採用した。以後は順次、新型車に適用を拡大するとしている。

ホンダ アーカイブ
ホンダ 中古車情報
ホンダ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる