情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

BMWとMINI クルマを知っている人のクルマ コンパクトディーゼル車のホント!!!

2016年7月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCN5273

ヨーロッパでは新車登録におけるディーゼル乗用車の割合は半分を超えているが、日本では数%と少ない。しかし、欧州車には多くのディーゼル仕様車があり、国産ではマツダがディーゼル乗用車に力を入れている。今回、BMW118dとMINIブランドからコンパクトディーゼル乗用車が投入され、その実力を探ってみた。試乗したのはBMW 118d、MINI Cooper D 5Door、MINI Cooper SD Clubmanの3モデルだ。<レポート:繁 浩太郎/Kotaro Shige>

■ディーゼル乗用車のクリーン度は?

私がアイドリング状態の試乗車の後ろでかがんでいると「何してるの?」と高橋AP編集長。「イヤ、臭うか確認を」と私。すかさず「エエ〜遅れてる!」と笑われてしまった。最近のディーゼル乗用車は「臭わない」というのが常識だそうな。(汗)

そう、今のディーゼル乗用車はポスト新長期規制をクリアしており、クリーンでエコカー減税の対象にもなっている。また、ディーゼル車特有の「カリカリ音」も、この3台は車外でこそ少し聞こえるが、車内では走りだしたら殆どわかない。それよりグングンと加速するので、そちらに気がとられる。

ご存知のように、自動車の馬力はトルク×回転数で、一般的なガソリン車に較べてディーゼル車は低速トルクが太く、低い回転数でも馬力がでるのだ。

■ディーゼル乗用車の費用は?

今回試乗した118dでどれくらい費用的メリットがあるのか? 概略を計算してみた。カタログではJC08モードで118iのガソリン車は18.1km/L、118dのディーゼル車が 22.2km/Lで、118dが約82%の燃料で済む。

燃料価格の差は、資源エネルギー庁の全国平均データでハイオクが約135円/L、軽油は約104円/Lで、軽油はガソリン価格の約77%。(ヨーロッパのガソリン車はほとんどがハイオク指定)で、82%と77%を掛け合わせて約63%。つまり、118dは118iに較べて約6割りの燃料代ですむということだ。

一方、新車価格は118iに比べて118dは約21万円高。毎月の燃料代が1万円として1年で12万円、それが約6割で済むわけだから、5万円程のセーブとなり、ざっと4年でペイするということになる。

■BMW118dの走り

エンジンは2.0L直列4気筒+コモンレール・ダイレクト・インジェクション・システム+可変ジオメトリー・ターボチャージャーを組み合わせ、最大出力110kW(150ps)/4000rpm、最大トルク320Nm(32.6kgm/1500〜3000rpm)。

DSCN5259

最大トルクが1500rpmからということは、ほぼ発進から高速走行域まで最大トルクで力強く走れることを意味する。特に高速道路での長い上り坂などでその力強さは実感できるはずだ。(実際、高速道路で100km/h/1800rpmくらい)

DSCN5253DSCN5262

また、この118dのハンドリングは、単にスポーツ性を言いたいがための切れすぎるハンドリングのクルマとは異なり、50:50の前後重量配分やFRへのこだわりなども含めて、低速から高速まで実に素直でリニアなフィールでBMWそのもの。まさに「駆け抜ける歓び」を実感できる。

DSCN5270

走行モードを「SPORT」または「ECO PRO」に選択できて、ECO PROを選択すると、エンジン・レスポンスやシフト・タイミングの最適化、オート・エアコンの作動も制御し、燃費が最大20%程度アップするらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、最近増えてきた装備だが、ECO PRO モードで 50 ~160km/h 走行中にアクセルを離し、ブレーキを踏まないでいると「コースティング機能」が働き出す。これはエンジンが駆動系から切り離され、車両はアイドリング状態で惰性走行することを言い、長く緩い下り坂の時などの燃費向上に役立つのだ。

DSCN5267

このように118dは、まさに相反する「走りと燃費」が両立し、BMWの「駆け抜ける歓び」を実感できるクルマなのだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる