Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

アウディ 究極のハイスペックモデル3車種を発売

2016年7月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RS Q3パフォーマンス

RS Q3パフォーマンス

アウディ ジャパンは、ラインナップ究極のハイパフォーマンスカー「RSシリーズ」の3車種に、さらなる性能アップを果たした「RSパフォーマンス」を設定し、8月下旬より販売を開始する。

RSモデルは、アウディのモータースポーツ活動をサポートするクワトロGmbH社が開発に参画し、製造を行う特別な高性能シリーズ。圧倒的なパワーと環境性能を両立する先進のエンジン、クワトロシステム(フルタイム4WD)を搭載し、力強いパフォーマンス、優れたダイナミクス、そして高い実用性を兼ね備えている。

現在日本では、RS3スポーツバックとRS4アバント、RS5、RS5カブリオレ、RS6アバント、RS7スポーツバック、RS Q3の計7モデルを導入。今回リリースされるRSパフォーマンスは、そのRSモデルをベースにさらに性能を磨き上げた究極のハイパフォーマンスカーで、RS Q3、RS6アバント、RS7スポーツバックに設定される。

20インチアルミホイールなど専用装備を採用

20インチアルミホイールなど専用装備を採用

RS Q3パフォーマンスは、2.5L直列5気筒直噴ターボの2.5TFSIエンジンを搭載。RS Q3に対して最高出力で27ps、最大トルクで15Nmアップとなる367ps/465Nmを発揮する。このエンジンに7速Sトロニックとクワトロを組み合わせることで、、圧倒的なパフォーマンスを実現。0-100km/h加速4.4 秒、最高速270km/h(スピードリミッター作動)というパフォーマンスを見せる。また、新たに可変ダンパーも選択可能となった。

上質さとスポーティさが融合した室内

上質さとスポーティさが融合した室内

エクステリアでは専用デザインのエアロパーツに加えて、マットチタンルックパーツやハニカムメッシュグリル、20インチのマットチタンルックホイール、レッドブレーキキャリパーなど専用装備が満載。インテリアは、カーボンデコラティブパネルやファインナッパレザーシート、フラットボトムデザインのステアリングホイールなどが標準装着され、内外装ともにさらに高いクオリティとスポーツ性をアピールしている。

RS6アバント・パフォーマンス

RS6アバント・パフォーマンス

パワートレーンはさらにパワーアップ

パワートレーンはさらにパワーアップ

各部にレッドステッチを採用

各部にレッドステッチを採用

RS7スポーツバックとRS6アバント・パフォーマンスは、どちらもパワートレーンに4.0LのV型8気筒直噴ターボの4.0TFSIエンジンを搭載し、8速ティプトロニックトランスミッションの組み合わせ。そのスペックは従来比で最高出力45ps/最大トルク50Nmアップとなる、605ps/700Nmに達し、短時間使用可能なオーバーブーストモードでは最大トルクが750Nmにまで増強される。その結果、0-100km/h加速3.7秒を記録する。

RS7スポーツバック・パフォーマンス

RS7スポーツバック・パフォーマンス

パワーユニットはRS6と共通

パワーユニットはRS6と共通

カーボンデコラティブパネルを装着

カーボンデコラティブパネルを装着

また、クワトロシステムにはリヤ左右のトルク配分を自在に変化させるリヤスポーツディファレンシャルが組み込まれるほか、足回りにはDRC (ダイナミックライドコントロール) 付きスポーツサスペンンションを採用。これにより、よりダイナミックな走りを実現する。加えて、エクステリアでは21インチアルミホイールやミラーハウジングなどにマットチタンルックを採用することで、従来モデルとの差別化を図っている。

RSパフォーマンスシリーズのラインアップと価格

RSパフォーマンスシリーズのラインアップと価格

アウディRS Q3の中古車情報はこちら
アウディRS6アバントの中古車情報はこちら
アウディS7の中古車情報はこちら
アウディ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる