Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ポルシェ パナメーラをフルモデルチェンジ。予約受注を開始 1分動画あり

2016年6月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P16_0382_a5_rgb

ポルシェ ジャパンはパナメーラをフルモデルチェンジし、2016年7月28日から予約受注を開始する。まず市場に投入されるのは、パナメーラ4Sとパナメーラターボの2モデルとなる。

スポーツカーのパフォーマンスとラグジュアリーサルーンの快適性を両立するパナメーラ。初代は2009年にデビューしており、今回が初のモデルチェンジで、エンジンやトランスミッション、シャシーの見直しをはじめ、コクピットのディスプレイと操作機能は未来志向を高めるなど、全域にわたって大きな進化を遂げている。

P16_0383_a5_rgb

新型パナメーラは長くダイナミックなスタイルやボリューム感のあるショルダーライン、力強いサイドパネル、リヤを20mm低くすることで引き締まったルーフラインなど、クーペのように流麗な4ドアサルーンのプロポーションを継承。その一方、ルーフからリヤに流れるラインやリヤ回りのデザインは、ポルシェのアイコンである911と共通性を持ち、ポルシェのクーペモデルとのスタイル上の繋がりを表現している。

P16_0381_a5_rgb

未来感を高めたインテリアのハイライトは、デジタル化されたポルシェ・アドバンストコックピットの採用だ。シフトレバー周囲のスイッチはタッチパネルタイプとなり、センターコンソールには12.3インチの大型タッチスクリーン・ディスプレイを配置。さらにメーター内にも7インチの高解像度ディスプレイを2つレイアウトするなど、スマートフォンやタブレットの見やすさと直感的な操作を可能としている。

P16_0376_a5_rgb

搭載するエンジンはパナメーラ4Sが2.9LのV型6気筒直噴ツインターボ、パナメーラターボが4.0LのV型8気筒直噴ツインターボで、どちらのエンジンも再設計され、従来型から排気量をダウンサイジング。しかしながら両エンジンともにパワーアップを果たしており、V6エンジンは最高出力440ps/最大トルク550Nm、V8エンジンは同550ps/同770Nmというスペックを誇る。その反面、どちらも燃料消費量とエミッションを大幅に改善している。

このエンジンに組み合わされるのはどちらも8速PDKで、このトランスミッションも改良が加えられている。また、駆動方式は両モデルともにフルタイム4WDとなる。

■価格
パナメーラ4S:1591万円
パナメーラターボ:2327万円

パナメーラの中古車情報はこちら
ポルシェ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる