Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

メルセデス・ベンツ新型Eクラス・エステート 機能美と実用性を融合した新型Eクラスエステート

2016年6月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cクラスカブリオレ試乗レポートを執筆した国際モータージャーナリスト清水和夫氏は、試乗に先立ち新型メルセデス・ベンツEクラスエステートの発表会会場にも足を運んでいる。国内導入が待望される新型Eクラスエステートはどのように映ったのか?ショートレポートをお届けしよう。

Eクラス・エステートのワールド・プレミア

Eクラス・エステートのワールド・プレミア

E est2

■リヤサスペンションは専用設計

Cクラスカブリオレの試乗会の前日に、ドイツのシュツットガルトで新型Eクラスエステート(ステーションワゴン)が発表された。SUV全盛時代に、エステートの存在感は薄くなっているが、実物を見ると、エレガントなスタイルとエステートとしての機能がうまくバランスしているように感じた。

メルセデスの主張をチーフデザイナーであるロバート・レズニック氏は、「ドイツには、形は機能を表わすという、機能美を表現したバウハウスの教えがある」と言う。「しかし、エステートは実用車なので、エクステリアデザインはあまりエモーションにならないようにデザインした」とコメントしてくれた。

Mercedes-Benz E-Class Estate (BR 213), 2016Mercedes-Benz E-Class Estate (BR 213), 2016

ラゲッジスペースの容量は先代モデルよりも少ないが、車体設計のエンジニアは「リヤサスペンションの張り出しがラゲッジスペースの邪魔にならないように専用設計しています」と説明していた。確かににダンパーマウントの張り出しが小さい。数値(容量)よりも実用性能向上を図ったのだ。

Mercedes-Benz E-Class Estate (BR 213), 2016

また、各国で厳しくなる衝突安全を満足させるために、開口部の大きいエステートながらリヤ回りの剛性を十分に確保、車体剛性も向上した。床下にはワゴン専用のボディ補強パーツも付加されている。

Mercedes-Benz E-Class Estate (BR 213), 2016

現状では、エンジンは3.0L V6型ターボのAMG E43(4MATIC)や新開発の2.0Lディーゼルが主力になるだろう。個人的には機能性や実用性の高さから右ハンドルの4MATICとディーゼルの組み合わせが気になるが、よりパフォーマンスの高いAMG E43に人気が集まりそうだ。500Nm強のトルクとAWDのコンビネーションが、最強のエステートになるからだ。

メルセデス・ベンツ アーカイブ
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる