情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン DB11用の最新V型12気筒ツインターボ・エンジンの生産開始

2016年6月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Aston Martin Koln Engine Plant Photo  (38)

パワートレイン・チーフエンジニアのブライアン・フィッツサイモンズ

2016年6月20日、アストンマーティンはドイツ・ケルンにあるアストンマーティン・エンジン・プラント(AMEP)で、新型DB11用の新開発5.2L・ツインターボV型12気筒エンジンの生産が開始したことを明らかにした。

09

アストンマーティン DB11

0603

アストンマーティンDB11はDBシリーズ史上、最速のGTで最高速度は322km/h 、0-100km/h 加速は3.9秒のパフォーマンスを発揮する。その一方で気筒休止システムとストップ/スタート機能により、環境適合性を高めている。

アストンマーティン・エンジン・プラント(AMEP)では、これまで6.0L・V12気筒、4.7L・V8気筒エンジンの製造を行なっているが、新たに5.2L・ツインターボV型12気筒エンジンの生産を開始したのだ。

ドイツ・ケルン市にあるアストンマーティン・エンジン・プラント(AMEP)

ドイツ・ケルン市にあるアストンマーティン・エンジン・プラント(AMEP)

この工場は、高度なトレーニングを受けた100人以上の従業員が働き、1万2500平方メートルの工場面積は、4つのエリアに分割されている。各エリアは、シリンダーブロックの加工、シリンダーヘッドの加工、専門的な技術を備えたチームによるエンジンの手作業による組立、そして完成したエンジンの受け取りと輸送部門だ。

1名が1基のエンジンを手作業で組み立てる方式を採用

1名が1基のエンジンを手作業で組み立てる方式を採用

この工場では1人のエンジン組立工が、各エンジンの組立てを最初から最後まで担当する。1基のV12エンジンの製造には8時間を要する。AMEPでは年間8000 基のエンジンを製造する能力を備えている。エンジンの組立てが完成すると、全数がAMEP内の施設内でコールド/ホット試験が実施される。さらにさまざまな試験基準に合格したエンジンのみが、ドイツからゲイドンのアストンマーティン本社に輸送される。

鋳造された状態のシリンダー部

鋳造された状態のシリンダー部

加工処理されたシリンダー面

加工処理されたシリンダー面


フラットクラウン形状のピストン

フラットクラウン形状のピストン

可変バルブタイミング機構

可変バルブタイミング機構


ターボチャージャー

ターボチャージャー

オイルパンの組み付け

オイルパンの組み付け


パワートレイン・チーフエンジニアのブライアン・フィッツサイモンズは、「新しいエンジンが、AMEPでフル製造を開始できたことを大変誇りに思います。私とチームの全員は、この5.2L・ツインターボ・エンジンを設計・開発するために、情熱を注ぎ込みました。AMEPの最先端の設備を使用することによって、細部にまで目が行き届いたエンジンを開発することが可能になりました。私は、アストンマーティンのエンジニアとして、非常にエキサイティングな時間を過ごすことができました。この新しいツインターボV12エンジンは、まだ始まりにすぎません」と語っている。

初号機にサインするアンディ・パーマーCEO

初号機にサインするアンディ・パーマーCEO

CEOが初号機に記したサイン

CEOが初号機に記したサイン


なお「DB11」は2016年末からデリバリーが開始される予定で、価格は約2330万円とされている。

アストンマーティン アーカイブ
アストンマーティン 中古車情報
アストンマーティン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる