Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【ボルボXC90試乗】 PHEVのT8って、細かいところまでラグジュアリーなのね(レポート:藤本えみり)

2016年6月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_01211

FMヨコハマ「ザ・モーターウィークリー」のDJ藤本えみりです。先日、千葉県成田市周辺で行なわれた、ボルボの新型「XC90 PHEV(プラグインハイブリッド)」の試乗会に参加してきました!

ラグジュアリー感、たっぷり堪能しました!

ラグジュアリー感、たっぷり堪能しました!

新型XC90は、新開発のプラットフォームに、パワートレーン、次世代デザイン、最先端の先進安全性能を取り入れた、ボルボの新世代フラッグシップSUV。「人を中心としたクルマづくり」、「ライフスタイルを変える」をキーワードに、新しい時代のラグジュアリーカーのあり方にチャレンジしたクルマだそうです。

ラインアップは、T5(2.0L・4気筒直噴ガソリンターボ)、T6(2.0L・4気筒直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー付き)、そしてPHEVのT8(2.0L・4気筒直噴ガソリンターボ+スーパーチャージャー付き&電気モーター)があって、今回試乗したのはPHEVモデルの「T8 TWIN ENGINE AWD」。XC90のトップグレードです。

DSC02066

DSC02055DSC02081

T8はEVで約35km走ることができるので、ちょっとしたお出かけなら電気だけで走行可能。そしてPHEVで7人乗りを実現したクルマです。

エクステリアの美しいデザインも印象的でしたが、まず心惹かれたのが、上質なインテリア。ウッドやピアノブラックなど、高級素材がたくさん使われていて、触れているだけで気持ちいい~。

写真の、キラキラ光るシフトノブは、スウェーデンの高級ガラスメーカー「オレフォス」のクリスタルガラスでできているそうです! オレフォス製のワイングラスは、ノーベル賞の晩餐会でも使われているんだとか。一見シンプルに見えますが、細部までこだわりが詰まった贅沢なインテリアでした。

「ラグジュアリーカー!究極のクルマです」

「ラグジュアリーカー!究極のクルマです」

この続きは、ザ・モーターウィークリーのホームページでどうぞ……(つづきを読む)。

ボルボXC90の中古車情報はこちら
ボルボ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる