情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

アストンマーティン 日本に3台だけ DB9最終限定モデル「Last of 9」を発表

2016年6月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16_05024_VH_118_Last_Of_9_A_V01_Exterior_Front_Quarter

2016年6月16日、アストンマーティンは、同社のアイコンモデル、「DB9」のファイナル・バージョン、「Last of 9」を発表した。

2004年に登場したDB9は、アストンマーティン・ブランドのスポーツカー・ラインアップの主力車種であり、直近バージョンのDB9 GTは、「ジェームズ・ボンド・エディション」として限定生産されている。

今回の最終モデル「Last of 9」は18台限定の生産で、日本市場への割り当てはわずか3台となっている。

side

「Last of 9」の製造は、アストンマーティンのビスポーク的パーソナライゼーション部門のQ by Aston Martinの手に委ねられ、ラグジュアリーな専用装備となっている。エクステリア・カラーはQヘリテージ・カンバーランド・グレイを採用。

16_05024_VH_118_Last_Of_9_A_V01_Interior_General

インテリアは専用カラーのピンストライプを備えたセミアニリン・ビターチョコレートカラーの本革シートを採用。またヘッドライニングはカシミア張り、ダッシュボードは、フィドルバックと呼ばれるウッドパネルが採用され、ビレット・アルミニウム製のロータリー・スイッチには、機械加工による飾り模様が施されている。

16_05024_VH_164_Last_Of_9_A_V01_Exterior_Wheel16_05024_VH_118_Last_Of_9_A_V01_Interior_Rotaries

「Last of 9」の購入者は、製造プロセスを記録したQ by Aston Martin ブックが贈呈され、アストンマーティン・オーナーズ・クラブへの登録が公式に行なわれる。これによって、クルマの出自が証明され、コレクターズ・アイテムとしての価値を高めることができる。また購入者は製造工程を見学するために、アストンマーティン本社を訪れる権利も手にすることができる。

アストンマーティン アーカイブ
アストンマーティン 中古車情報
アストンマーティン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる