情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

日産 進化をやめないGT-R NISMOをニュルで初公開

2016年6月6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GTR_01
日産は2016年5月27日、世界最長かつ最高の難易度を誇るサーキットのひとつとして知られるドイツ・ニュルブルクリンクで、様々な改良を施した「NISSAN GT-R NISMO(ニスモ)」2017年モデルを初公開した。同サーキットはGT-Rが走行性能を磨き、チューニングを行ない、開発を実施してきた重要な意味を持つ場所でもある。

GTR_02
「GT-R NISMO」の2017年モデルは、標準モデルと同様にフロントエンドの新しいバンパーが特徴だ。エンジンの冷却性能を向上させるために開口部は空力性能を悪化させることなく拡大し、ダーククローム仕上げのVモーショングリルを配している。またフード剛性は大幅に強化するとともに超高速域での変形を抑制し、卓越した空力性能を実現している。

GTR_03GTR_04
NISMOモデル専用のカーボンファイバー製フロントバンパーは、炭素繊維のシートを幾層にも重ねて理想的な強度を実現。カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより、大きなダウンフォースを発生させると同時にホイールハウス周辺の空気を吸引することで、空力性能をさらに向上させている。これらの改良により、2017年モデルのボディ形状はこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現している。

GTR_05
インテリアにも大きな改良が加えられている。新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリングホイール、センターアームレストには、高品質のアルカンターラレザーを使用。またセンターダッシュボードのレイアウトも刷新し、現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルではわずか11個にまで削減して簡素化。

GTR_06GTR_07
また8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用した。カーボンファイバー製のセンターコンソールに搭載された新しいディスプレーコマンドコントロールは、高速域における運転中でもモニターをタッチすることなく操作が可能だ。シートには赤のアルカンターラを中央部分に使用したレザー仕様のレカロ製カーボンバケットシートを採用する。

さらに、標準モデルのボディ剛性が大幅に向上したことにより、NISMOの走行性能も高まっている。スラロームタイムやコーナーリング性能が向上したことからもわかるように、より高いボディ剛性とダウンフォースが超高速域まで含めたコーナーリング時の安定性の向上を可能にした。またボディ剛性の向上により、ショックアブソーバー/スプリング/スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップを行なうことで、接地性と走行性能を向上させている。

標準モデルが採用している「Bilstein DampTronic」は複数の車両情報システムを活用することで、路面状況や走行条件に対して適切なサスペンションの減衰力と、さまざまなドライビングシーンに応じた高レベルのコントロールを可能にするモード設定型電子制御式のショックアブソーバーである。今回はそのショックアブソーバーにNISMO向けの特別チューニングを施すことで、出力441kW(600ps)を誇る3.8LのV6ツインターボエンジンのパワーをさらにしっかりと、路面に伝えることが可能になった。

心臓部となるVR38DETTエンジンは、世界中のモータースポーツで培ってきたNISMOの経験と技術が生み出したものだ。6速デュアルクラッチトランスミッションとともに、GT3選手権で使用する高流量、大口径のツインターボチャージャーを搭載するエンジンは、標準モデルと同様に、熟練した匠が専用のクリーンルームで一台一台精巧に組み立てている。またエンジンのフロント部分に取り付けられたアルミプレートには「匠」の名前が刻まれている。

GTR_08

「NISSAN GT-R NISMO」2017年モデルには5種類の外装色が設定されている。同車は栃木工場で、エンジンは横浜工場で組み立てられる。なお価格や受注開始、デリバリーのタイミングなどについては、今回の発表では明らかにされていない。

「GT-R NISMO」および「GT-R」のチーフ・プロダクト・スペシャリストの田村宏志は、「『NISSAN GT-R NISMO』 は、その名前の由来の中でも『R』 に重きを置いています。レース走行に特化することで、どのサーキットコースでも快適な乗り心地を実現し、最高レベルの興奮と喜びをドライバーに提供しています。新型『NISSAN GT-R NISMO』 は、『NISSAN GT-R』2017年モデルをベースに、パフォーマンスの向上だけでなく、よりバランスのとれた、全体的に高級感のあるマシンに仕上げました。これは、究極のドライビングプレジャーを常に追求した結果です」とコメントした。
NISSAN_GTR_NISMO_2017_09
ニッサン・GT-R中古車情報
ニッサン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる