情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

レクサス レッドブルエアレースをオフィシャルスポンサード ロゴ入り航空機を公開!

2016年6月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160603LEXUS_MUROYA_SPONSORSHIP_1
レクサスは2016年6月1日、エアロバティック・パイロットの室屋義秀選手と2016年3月31日より1年間のスポンサー契約を締結したと発表した。6月4日(土)と5日(日)に千葉県立幕張海浜公園にて行なわれる究極の三次元モータースポーツ「Red Bull Air Race Chiba2016(レッドブル・エアレース千葉2016)」に、オフィシャルスポンサーとして協賛する。

室屋選手は究極の三次元モータースポーツ・シリーズとして知られる「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」に初のアジア人パイロットとして2009年から参戦。2014年のシリーズ第2戦と、2015年シリーズの第5戦と第7戦でそれぞれ3位に入賞し、輝かしい戦績を収めている。

レクサスは、室屋選手が機体を自由自在にコントロールしながら上空を飛びまわり、世界に挑戦する姿勢が、”AMAZING IN MOTION”というスローガンのもと、「日本発のグローバルプレミアムブランド」となることを目指して挑戦し続けるレクサスの姿勢と共通すると考えて、今回の契約を結ぶに至った。

今後レクサスは、室屋選手の名前および肖像を使った国内でのプロモーション活動の権利を獲得するほか、車両提供など室屋選手へさまざまな支援を行なっていく予定だ。また室屋選手はLEXUSのロゴをフライトスーツやウェア、ヘルメットなどに付けるとともに、LEXUSロゴ入りの飛行機でエアショーなどを行なう予定だ。

またレクサスが千葉ラウンドに協賛を決めた「レッドブル・エアレース」は、FAI(国際航空連盟)が公認する究極の三次元モータースポーツ・シリーズ。出場できるのは世界最高の飛行技術を持つパイロット14名のみ。そんな彼らが最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術の正確さ、知力、体力、そして精神力の限りを尽くして三次元でタイムを競って順位を決める。

高速で機動性に優れたレース専用のプロペラ飛行機を使用し、1機ずつペナルティを回避しながら、高さ25mの空気で膨らませたパイロン(エアゲート)で構成する低空の空中コースを周回してその飛行タイムを競う。今回、レクサスはイベントエリアでのレクサス車両展示をはじめとして、このエアレースを盛り上げていく。
160603LEXUS_MUROYA_SPONSORSHIP_2

■室屋義秀選手からのコメント
「自分自身がクルマ好きで、エアレースの機体と同じようにコンパクトで小回りが良く、機敏で気持ちの良いハンドリング、操る楽しさに惹かれて「レクサスCT200hを」選びました。そんなレクサスに支援していただけるのは本当に嬉しいです。見た目だけでなく、内面も高めながら世界を舞台に戦うレクサスとともに、レース活動に臨みたいと思います」

室屋選手公式サイト
「レッドブル・エアレース」公式サイト
レクサス・中古車サイト
レクサス公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる