情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

キャデラック ATSとCTSにわずか5台のスペシャルモデル

2016年6月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CTSセダン ブルーエディション

CTSセダン ブルーエディション

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、キャデラックブランドの「ATS」と「CTS」に、特別限定車の「ブルーエディション」を設定し、2016年6月4日から限定各5台の計10台を販売する。

今回の限定車ブルーエディションは、ATSクーペとCTSセダンのエントリーモデルがベースで、その名の通り「ブルー」がテーマ。両モデルともに、通常は有償ペイントとなる「ダーク アドリアティック ブルー メタリック」をボディカラーに設定する。

ATSクーペ ブルーエディション

ATSクーペ ブルーエディション

ATSクーペのブルーエディションは、電動サンルーフとETC2.0車載器を特別装備し、インテリアカラーにライトプラチナム&ジェットブラックアクセントを採用。

一方CTSセダンのブルーエディションは、インテリアカラーを特別コンビネーションとなるライト/ミディアムのカシミアとし、ブラックオリーブアッシュウッドトリムを装着。さらに、ATSクーペ同様、ETC2.0車載器を特別装備する(電動サンルーフは標準装備)。

通常、有償ペイントは12万9000円の設定で、ほかにも特別な装備がおごられているが、ベースモデルとの価格差はATSクーペが15万円アップ、CTSセダンは10万円アップに抑えられている。

■価格
ATSクーペ ブルーエディション:595万円
CTSセダン ブルーエディション:800万円

キャデラック ATSの中古車情報はこちら
キャデラック CTSの中古車情報はこちら
キャデラック公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる