情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

トヨタ 伊勢志摩サミットに新型自動運転実験車を提供

2016年5月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Urban Teammate搭載車

Urban Teammate搭載車

トヨタ自動車は2016年5月26日~27日に開催中の第42回先進国首脳会議(通称:伊勢志摩サミット)に、一般道での自動運転走行を目指し開発中の、新型自動運転実験車「Urban Teammate」を提供したと発表した。

同車は2015年10月に公表した、自動車専用道路での自動運転走行を可能とする「Highway Teammate」に続いて、「Mobility Teammate Concept」のもとで開発した自動運転システムの第2弾となる。
20160526_01_02

今回の実験車はレクサスLSに「Urban Teammate」を搭載。一般道の自動走行に必要となる歩行者、二輪車、障害物を検出可能とするほか、交差点での右左折や信号機認識、道路規制情報に従って走行することを念頭に開発している。そのため、センサーとしてGPSやカメラに加えて、周囲の距離画像計測機能を備える新規開発の「SPAD Lidar」を新たに搭載している。
20160526_01_03

今後は2015年12月に発表した地図自動生成システムやAIなどを追加搭載して、「Urban Teammate」を常に進化させることで、より複雑な交通環境下で自動運転の実験を実施していく予定とのことだ。
20160526_01_0420160526_01_11
トヨタ・中古車情報
トヨタ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる