Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ブリヂストンにとってのニュルブルクリンク24時間レースとは?専用タイヤで挑戦!

2016年5月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016051101

ブリヂストンは2016年5月11日、モータースポーツ活動の位置づけとニュルブルクリンク24時間耐久レースへの取り組み、ニュル用タイヤが果たす役割などについて発表・説明会を行なった。

最初にブリヂストンモータースポーツ推進本部長の久米伸吾氏より、モータースポーツ活動の位置づけについて説明があった。

DSCN3797

左から二人目トヨタ・GAZOO Racingでトムスから出場する大嶋和也選手とモータースポーツ、タイヤ開発に携わるBSスタッフ

ブリヂストンの企業理念である「最高の品質で社会に貢献」を受け、スポーツを通じてユーザーとのコミュニケーションの土台を作り、具体的にはモータースポーツをタイヤで支え夢と情熱と感動を提供することを狙いとしている。そして技術、ユーザー、ブランド、社員、社会などの5要素を軸により良いタイヤづくりをし、モビリティ社会への貢献をするというと取り組みを行なっている。

Gazoo Racing 2016

ブース出展と合わせ、現場ではトヨタGAZOOレーシングのタイヤをサポート

そのひとつとしてニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦があり、「POTENZA」の開発の場でもあるニュルにおいて、2007年からトヨタ・GAZOO Racingの一員として参戦してきた経緯がある。

そして参戦10年目の2016年はGAZOOチームの一員でありつつ、ブリヂストンとしても参加し欧州市場の基盤、ユーザーに対してのブランディングの強化をしていく予定だ。中でもサーキットでのサービスオペレーションの体制を強化し、20万人という観客に対してもしっかりコミュニケーションしていく考えのもとに取り組みをしている。

DSCN3746

レクサスCHR用のニュル専用タイヤ。左がレインで市販タイヤベースに開発したという

また、ニュル専用タイヤの開発では、今回3台のGAZOOチームマシンに供給し、RCF用にはスーパーGTで使われているタイヤをベースに開発したニュル専用タイヤを。そしてRCFには市販ポテンザに使われる技術をベースに、やはり同様にニュル専用として開発しているタイヤを供給する。さらにレインタイヤに関してはスーパーフォーミュラのレイン用をベースに開発しているという説明があった。

そしてレース会場のニュルのパドック周辺にはニュルブルクリンク24時間耐久レース会場内に初となるコミュニケーションブースを出展する。

ニュルブルクリンク・サーキットは、過酷な車両開発用の走行路として世界で有名だ。ブリヂストンとしては1980年代に国内タイヤメーカーとして初めてポルシェやフェラーリに新車装着されるタイヤの開発をニュルブルクリンクで行ない、それ以後は様々なタイヤ開発やモータースポーツ活動の重要な拠点と位置付けられている。

そして、ブリヂストンは会場にブースを出展し、グローバル・プレミアム商品ブランド「POTENZA」を中心に、長年のモータースポーツ参戦の歩みを「ブリヂストンモータースポーツ×POTENZAヒストリーコーナー」として紹介する。

主な展示コンテンツはモータースポーツ/PONTEZA展示として「POTENZA」商品ラインアップや装着車両の展示に加え、ブランドの30年以上に渡る歴史を、欧州マーケットを中心とした歴代商品や資料を基に、ヒストリーコーナーとして紹介。

またランフラット・タイヤ技術として「DRIVEGUARD」も紹介。ブースでは「DRIVEGUARD」の特長をVR(バーチャルリアリティ)映像体験や展示物によりアピールする。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ブリヂストン アーカイブ
ブリヂストン公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる