Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバルの水平対向エンジンが50歳の誕生日

2016年5月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業は、スバル車のコアテクノロジーとして採用してきた水平対向エンジンが、発売50周年を迎えたことを発表した。

スバルの水平対向エンジンは、1966年5月14日に発売した小型乗用車「スバル1000」に初めて搭載されて以来、50年に渡り改良を重ねてきた。現在、レガシィやフォレスターを筆頭に、富士重工業が生産する全てのスバル車が水平対向エンジンを搭載しており、その累計生産台数は1600万台にのぼる。

1966年のデビューした「スバル 1000」に搭載された水平対向エンジンEA52型

1966年のデビューした「スバル 1000」に搭載された水平対向エンジンEA52型

水平対向エンジンは、上から見るとピストンが左右に向き合う形で配置され、対向するピストンが互いに慣性力を打ち消し合う特徴がある。そのため、低振動で回転バランスに優れ、高回転域まで滑らかに吹き上がるフィーリングが得られるのだ。また、エンジン全高が低く、車体の低重心化にも貢献し、高い走行安定性やハンドリング性能にもメリットがある。

この水平対向エンジンにAWD(All Wheel Drive)を組み合わせることで生まれた「シンメトリカルAWD」は、AWDが本来持つ優れた走行安定性や走破性に加え、左右対称のパワートレーンがもたらす重量バランスの良さとの相乗効果によって、安定した高速走行と俊敏なコーナリングを実現。スバルの安全思想と走る楽しさを支えるコア技術となっている。

スバルのコア技術となるシンメトリカルAWD

スバルのコア技術となるシンメトリカルAWD

富士重工業は、これからもブランドステートメント「Confidence in Motion」を通じて、スバルならではの魅力ある「確かなクルマづくり」を貫き、世界中に「安心と愉しさ」を提供していくという。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

スバル・アーカイブ
スバルの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる