Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

次世代燃料電池車に試乗 ホンダ クラリティ フューエル セル(FC)

2016年5月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSCN3182

クラリティ FC(フュエルセル) 法人向けリース販売のみの設定

2016年3月10日に発売となった燃料電池車「クラリティ フューエル セル」を公道で試乗する機会があった。まだ法人向けのリース販売だけで個人向けには販売されていないが、次世代型のクルマに一足早く試乗させてもらった。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>

燃料電池車と言われても・・・という人も多いだろう。燃料電池車とは電気自動車のことなのだ。普通の電気自動車と違うのはコンセントから充電するのではなく、自分で発電しながら電気で走るというところに大きな違いがある。また、発電するために水素を使っていることも大きな特徴で発電するための燃料電池スタック=発電装置で水素を化学反応させて、発電している。

システム

だからEV車とは区別されているものの、運転する状況となればEV車と同じだ。パワートレーンは電気モーターで、モーター出力は130kW/300Nm。燃料電池スタックで発電し、発電された電気は駆動用バッテリーのリチウムイオンバッテリーに蓄電される。

モーター水素タンク

ホンダ クラリティFCの特徴のひとつには、この燃料電池スタックの小型化に成功したことが挙げられる。先行発売されているトヨタ・MIRAIの燃料電池スタックと比較してみると、その大きさの違いが分かるだろう。したがってこの燃料電池スタックをどこに車載するのか?という違いがありMIRAIはフロア下に格納し、クラリティFCは走行に必要な構成部品のすべてをボンネット内に収めている。

package

ボディサイズは全長4915mm×全幅1875mm×全高1480mmでホイールベースは2750mm。一方、トヨタ・MIRAIは全長4890mm×全幅1815mm×全高1535mm、ホイールベースは2780mmとほぼ同等のサイズで、クラウン、アコードと同じくらいの大きさだ。しかし、MIRAIは4人乗りでこのあたりに違いはある。

■インプレッション
さて、このクラリティFCだが北米を主眼に置いて開発されたようだ。そのためかどうかわからないが、シートはソファ的で柔らかい。サスペンションもよく動きフリクションを感じさせない動きでソフトなダンパーという印象。ハンドルはホンダらしくきびきびとした切れ味があって、小舵角でも良く動くようにセットアップされていた。

DSCN3187

DSCN3183DSCN3192

また、ドライブモードも設定されスポーツモードがあるのもホンダらしい。このスポーツモードを選択すると、さらにきびきび感がでてアクセルレスポンス、ステアリング応答の小気味良さが増す。しかしながら、いい意味でのソファ的な乗り心地のシートフィールは変わらないので、どことなくしっくりこない印象だ。ノーマルモードでもステアリング、アクセルレスポンスはきびきびしていて、シートやサスペンションはソフトでゆったりした動きを感じるといった印象で、どこか目標値を決めた統一感があってもいいと感じた。

DSCN3219

エクステリアは個性的なデザインでフロント、リヤともにオーバーハングが大きく歴史は繰り返すのかもしれないと思えるデザインだ。特にリヤフェンダーがタイヤをカバーするようなデザインはインサイトを思い起こす。しかし、このエクステリア・デザインは最先端の空力理論が投入されたデザインであることは言うまでもない。

DSCN3215DSCN3204

フロントまわりは未来的な印象なのだが、ボンネットの先端がグリルに残っているデザインで隙間が小さければ気にならないのだが、比較的広い隙間が開いているものだから気になってしまった。リヤデザインでは初代のCR-Xを思い出させるような、そしてリヤスポイラーで後方視界を分割するデザインだ。

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる