Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

三菱ふそう 「キャンター」がモデルチェンジ トップレベルの燃費性能を実現 動画 

2016年4月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

top

2016年4月26日、三菱ふそうトラック・バスは、省燃費性能を高め、インテリアデザインなどを改良した、新型小型トラック「キャンター」2016年モデルを同日から発売した。

新登場の2016年モデルは、2010年にデビューしたキャンター初のモデルチェンジとなる。国内トップレベルの燃費性能の実現と、ドライバーの快適性向上という、ニーズに応え開発している。

標準キャブ1.5ロング

標準キャブ1.5ロング

ワイドキャブ・セミロング

ワイドキャブ・セミロング


ワイドキャブセミロング

ワイドキャブセミロング

燃費性能を向上させるためにエンジンのリファインを行ない、国内トップレベルの省燃費を追求。また、プロドライバーは待機時間を含めた長時間を運転席で過ごすため、室内をブラックとシルバーを基調とした色調とし、落ち着きのある快適な居住スペースとしている。

4P10型・3.0L・直4ディーゼル・エンジン

110psから175psをラインアップする4P10型・3.0L・直4ディーゼル・エンジン

排ガス

尿素式選択還元触媒「BlueTec」を装備

エンジンは省燃費性能に定評のある4P10型・3.0L・直4ディーゼルのポテンシャルをさらに改良。またエンジンだけではなく車両トータルとしてのチューニングを施し、燃費効率を向上させ、国内トップレベルの省燃費を実現。ISS(アイドリングストップ)付きモデルのほとんどで、平成27年度重量車燃費基準+10%を達成。その他の車両も全車で平成27年度重量車燃費基準+5%を達成した。

brake

室内はブラックとシルバーを基調とする、ラグジュアリーな内装へ一新。ハイグレードな室内はドライバーの疲労を軽減できるよう配慮されている。運転席シートにはサイドサポートを採用し、ホールド性を向上するとともに、座面クッションを拡大している。

インスツルメントパネル

またオーバーヘッドシェルフやフロアコンソール、センタートレイ&マガジンラックなど、従来はCUSTOM仕様に装備されていた収納を標準装備化。収納スペースを拡大し、室内の作業性が向上し、使い勝手の良いキャビンとしている。

DCT「DUONIC2.0」

DCT「DUONIC2.0」

トランスミッションはMT以外に、2015年9月からバージョンアップされたDCT「DUONIC2.0」を設定。デュアルクラッチの改良などを行ない、信頼性・快適性・操作性をさらに向上。シフトショックを大幅に低減し、スムーズな走りを追求している。

価格

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

三菱ふそう アーカイブ
三菱ふそう公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる