Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

【立ち読み】PHEVが次々と登場するのはなぜ?

2016年4月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツ C350e

メルセデス・ベンツ C350e

これまでハイブリッド車は燃費性能に優れ、環境技術の決定版と位置付けられており、日本市場の中では大きな存在感を見せている。しかしヨーロッパではそれほどハイブリッド車が重視されず、ディーゼル・エンジンが主流になっている。

その一方で、ニッサン、ルノーが主導する電気自動車(EV)の推進や、トヨタ、ホンダが市販化した燃料電池車(FCV)が究極のエコカーとする動きも出てきた。が、ここ1、2年でドイツ車メーカーから相次いでPHEV車が登場し、新たな潮流を作りつつある。

日本ではミツビシがいち早くアウトランダーPHEVを発売し、トヨタもプリウスPHVを販売するなど、日本はPHEV車でも世界をリードしたと言える。しかし、ドイツ車メーカーは、単一の車種ではなく、次々に既存の車種にPHEVモデルを追加・拡大する戦略を採用している。日本車メーカーではミツビシ以外ではまだこのような次世代戦略を描いていない。この温度差はどこに起因しているのだろうか。

BMW 330e

BMW 330e

PHEVは普通充電のみに対応

PHEVは普通充電のみに対応


このつづきは有料配信のメルマガをご覧ください。URLとパスワードが記載されています。
登録は初月無料ですので、ぜひお試しください

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる