Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

ロータス 3-イレブンが日本上陸 ロータスデーでジャパンプレミア

2016年4月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エルシーアイ(株)は2016年4月17日、富士スピードウエイで開催された「ジャパンロータスデー2016」においてロータスの究極のロードカー「3-イレブン(スリー・イレブン)」のジャパンプレミアを行なった。

DSCN3036

ドライバーズシートに座るLCI社長の高橋 一穂氏

3-イレブンはロータス史上、最速で最も高額な量産車として2015年の英国・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでワールドプレアを行なっていたが、この日初めて国内でのお披露目となった。

「余計なものは、ないほうがいい」というコンセプトのもと、オープンコクピットデザインの全く新しい軽量ボディ、450hpを生み出すV6型スーパーチャージャーのエンジンを搭載している。

これまでのオープンコクピットの2-イレブンはエキシージをベースにしていたが、この3-イレブンはエヴォーラベースに製作された究極のロードカーだ。

ロータス3-イレブンにはロードとレースの2つのバリエーションがあり、レースバージョンはロードをベースに、よりアグレッシブなエアロキットとシーケンシャルトランスミッション、そしてFIA承認の6点式シートベルを備えたモデルとなっている。

乾燥重量900kg以下(レースバージョン)の3-イレブンは最高速度280km/h、0-60mph加速は3.0秒以下というスペックになっている。

生産は2016年2月より開始され、全世界で311台のみの限定生産となる予定だ。日本市場での割り当て台数や販売価格などは未定となっているが、ロードカーで2500万円、レースカーで2200万円あたりが予測される。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

ロータスアーカイブ
ロータスの中古車

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる