情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

【立ち読み】プレミアムDセグメント最新ディーゼル比較レポート

2016年4月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

XE_03
近年徐々に増えてきているディーゼル乗用車。かつてのディーゼルは走らないイメージしかない。エンジンは回らないし、ガラガラとエンジン音もうるさい。しかし、最近のディーゼルは静かでガソリン車との差がなくなってきているという記事も多い。そこで実際乗ってみるとどうなのか? 特に欧州プレミアムDセグメントにはディーゼル搭載車が国内に増えてきているので、検証してみたい。<レポート:高橋 明/Akira Takahashi>

欧州プレミアムブランドから相次いでディーゼルモデルが投入されている

欧州プレミアムブランドから相次いでディーゼルモデルが投入されている

クリーンディーゼルとなった高級車のもう一つの懸念点、ドライバビリティはどうなのか?というのが本題だ。それはイメージだ!と断言しておこう。

タカハシの愛車でもある320dツーリングMスポーツ

タカハシの愛車でもある320dツーリングMスポーツ

BMWは2012年に現行のF30型が国内導入されディーゼルも搭載した。2013年、最初に試乗した時に非常に驚いたことを記憶している。それはパドルシフトを装備した320dの走りに感心した。低速トルクが太くワインディングであろうが高速であろうが、エンジンを回さずとも軽快に走る。ハンドリングはもちろんBMWのそれだから、エンジンとのマッチングさえよければBMWらしい走りとなる。そのマッチングが素晴らしかったわけだ。

このつづきは有料配信のメルマガにURLとパスワードが記載されています。
登録は初月無料ですので、ぜひお試しください

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる