Automobile and the technology

情報が知識にかわる自動車サイト

スバル レヴォーグを改良し、2016年夏にはSTIも追加

2016年4月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

levorg_02

富士重工業は、「レヴォーグ」を一部改良し、2016年6月10日から販売を開始することを発表した。

今回の改良では、安全性のさらなる強化に加え、デザイン性や静粛性を向上。これにより、商品力や総合性能のさらなるレベルアップを図っている。

1.6GT アイサイト

1.6GT アイサイト

まず安全性では、衝突安全性能をさらに強化。前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取り、乗員を拘束するシートベルトプリテンショナーを左右リヤシートにも採用。リヤシートのクッションも安全性の高い構造に改良するなど、後席の乗員保護性能を向上している。さらに、フロントドアにアッパービームを追加し、側面衝突への対応も強化する。

デザイン面では、エントリーグレードの1.6GT アイサイトに新デザインの17インチアルミホイールを採用。ガンメタリック塗装と切削光輝を組み合わせたスポーティで質感の高いデザインを採用しつつ、空力性能の向上と軽量化も実現している。スポーティなGT-Sグレードには、上級グレードに相応しい上質で華やかな印象を与える「ブライトパール内装」をメーカーオプションとして新設定。パールのような輝きをもったシルバー基調のレザーとブルーステッチによるコーディネートが特徴となる。

新デザインのアルミホイールが標準装備される1.6GT アイサイト

新アルミホイールを採用する1.6GTアイサイト

上級グレードとなるスポーティな1.6GT-S アイサイト

上級グレードとなるスポーティな1.6GT-S アイサイト

オプションのブライトパール内装となる1.6GT-S アイサイトのインテリア

オプションのブライトパール内装となる1.6GT-S アイサイトのインテリア

ブライトパール内装はシートカラーとブルーのステッチが特徴

ブライトパール内装はシートカラーとブルーのステッチが特徴

さらに、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップを2枚化して、室内への透過音を低減。また、リヤクォーターガラスの板厚アップやカーゴルームの吸音材追加等で静粛性を高め、室内の質感と快適性を高めている。

アイサイト(ver.3)認識イメージ

アイサイト(ver.3)認識イメージ

アドバンスドセイフティパッケージ機能イメージ

アドバンスドセイフティパッケージ機能イメージ

なお、レヴォーグのスポーティな走りと高い質感を「STI」によってさらに進化させた新たなモデルを、最上級グレードとして2016年夏に発売予定だという。

STIモデルが今夏に追加予定

STIモデルが今夏に追加予定

レヴォーグ価格表

レヴォーグ価格表

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

スバル・アーカイブ
レヴォーグの中古車情報はこちら
スバル公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる