情報が知識にかわる自動車サイト

情報が知識にかわる自動車サイト

パナソニック 大画面9インチ、フローティング装着の「ストラーダ CN-F1D」を6月から発売

2016年3月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
l-jn160329-2-1

パナソニックの9インチSDカーナビ「ストラーダ CN-F1D」

2016年3月29日、パナソニック・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、9V型の大画面カーナビゲーションで、しかも幅広い車種に取り付けできるSDカーナビステーション「ストラーダ CN-F1D」を発表し、6月上旬に発売する。

カーナビのハイエンドモデルは見やすく使いやすい、大画面のカーナビゲーションが各メーカーから登場しているが、画面が7インチを超えるサイズの場合はダッシュボードに納めるために車種別専用パネルが必要となり、取り付け可能な車種も限られるという問題があった。

木村真人社長

発表会に登壇したパナソニック・カーエレクトロニクス社長・木村真人氏

今回新登場するストラーダ CN-F1Dの本体部分は、2DINサイズでディスプレイ部がコンソールから飛び出した状態になるフローティング構造の「ダイナビッグ・ディスプレイ」を新採用。これまで大画面カーナビゲーションの取り付けが困難だった車種にも、車種別専用パネルを使用せずに取り付けが可能となっている。パナソニックの調べでは、取り付け可能車種は144車種に装着でき、今後は新型車だけでなく旧型モデルにも対応し、取り付け可能車種を増やすということだ。

DSCN2225DSCN2228

また、ディスプレイを縦方向に最大32mm、奥行きを最大19mm調節でき、コンソール内の計器類と干渉を避けることができるようになっている。ディスプレイの角度も-20度から60度まで可動し、太陽光の反射を軽減する微調整も可能。

l-jn160329-2-2DSCN2250

さらに、フローティング構造によりディスプレイとドライバーの距離が縮まり、視認性や操作性も向上する。ディスプレイ部にはアルミ素材を使用したフレームを採用し、インテリアの質感を高めるデザインに仕上げている。またAV機能では初となるブルーレイディスクプレーヤーを搭載している。

機能としては、Android Autoを搭載しスマートフォンと連携可能。またクラウドタイプの音声認識機能に対応し、対話しながら目的地を簡単設定できるようになっている。一時停止や、速度超過等のうっかり運転を防止する「安心運転サポート機能」は、収録エリアが1340市町村に拡大。ポップアップ表示のサイズ(大・小)が選べるようになっている。またマップ更新は最大3年分付き。WEBダウンロードにより地図データ更新ができる。期間内に、年間6回の部分地図データ更新と1度の全地図更新ができる。

なお価格はオープンプライス。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

パナソニック アーカイブ
パナソニック・オートモーティブインダストリアルシステムズ公式サイト

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる